埼玉大学 生体制御学科 / 生体制御学コース

お問い合わせENGLISH

生体制御学科教職員

弥益 恭 (発生生物学研究室

弥益 恭

弥益 恭 (教授)  YAMASU Kyo
分子発生生物学 1959 年生

・大学院理工学研究科生命科学部門生体制御学領域 所属
・博士後期課程理工学専攻生命科学コース 担当
        (連携先端研究コース脳科学領域兼任)
・博士前期課程生命科学系専攻生体制御学コース 担当
・理学部生体制御学科 担当

研究について

 生物には、様々な不思議な能力、現象が知られており、生物学研究のテーマには事欠き ません。しかし、一個の卵から複雑な構造を持った大人の身体を作り出すという個体発生 ほど不思議な現象は少ないでしょう。特に、私たち人間の人間たるゆえんは結局の所、複 雑な脳の働きに依りますので、脳の高次構造が発生の過程でどのような仕組みで形成され るかは、生物学的にはもちろん、医療、教育等様々な問題とも関わる重要な課題です。

  これら個体発生を進行させるのは、核内に存在する数万の遺伝子の働きです。私たちは、 動物の体作り、そして脳形成とその発達の仕組みを、遺伝子レベルで理解することをめざ し、小型熱帯魚ゼブラフィッシュを用いた動物発生生物学の研究を進めています。ゼブラ フィッシュは、脊椎動物の特性を私たち人間と共有する一方、発生の進行が早く、胚体が 透明であり、体外で発生するなど、発生の観察、移植などの胚操作に適しています。また、 発生遺伝学的研究(突然変異体の作製と利用を含む研究)にも適するという大きな長所を 持っています。

 現在私たちが進めている具体的な研究内容は以下の通りです。
(1) 発生における基本的な身体の構造(ボディプラン)の決定、脳構造の領域化、そして神経ネットワークの形成を制御する遺伝子の発見とその機能の解明
(2) 多数の発生・脳形成制御遺伝子が形成する複雑な調節ネットワークの理解
(3) 各遺伝子の働きを動物胚において時間的、空間的に厳密に制御する分子機構の解明

学生時代の思い出

 生物学の研究をやりたいとは思えど、具体的に何をやるかは決まらず、いろいろな分野に手を出していました。それにしても、学生時代は勉強もしたし、実習にも明け暮れていましたが、その一方で遊びに行ったり、飲みに行ったり、今思えばよく時間があったものだと思います。

高校生へのメッセージ

 生物科学に興味がある、といっても将来については研究職を目ざす人もあれば、製薬、 医療、食品業界の一般企業、公共機関での就職を考えている人もあるでしょう。いずれの業種であれ、大学(あるいは大学院)で生物学の基礎、そして現代生物科学の先端領域をしっかり学ぶことは、必ず大きな力となるでしょう。

 脳形成遺伝子の発現(mRNA)を染色(上段)。下2段は脳の異なる領域で蛍光タンパク質(GFP)を発現させた遺伝子導入(トランスジェニック)ゼブラフィッシュ

担当講義

発生情報学
発生情報学実験
発生情報学演習
基礎生物学
生物学実験B 他

このページのトップへ このページのトップへ