埼玉大学 理学部 生体制御学科

お問い合わせENGLISH

進路情報

進路情報

 上の図はここ数年間の卒業生の進路情報をもとに、卒業生の人数を100とした進路別の割合をおおまかに示したものです。本学科卒業生の主な就職先は、製薬会社や食品会社などのほか、教員、公務員などとなっています。また、平均すると毎年7割ほどの学生が、本学あるいは他大学の大学院博士前期課程(修士)に進学し、より高度な教育を受けた後に就職しています。さらに他大学を含め、1割程度が博士後期課程(博士)に進学しています。

 学部卒業後の進路について詳しく見てみますと、情報・出版、食品・製造、化学・医薬・医療関係などへの就職が多くなっています(下表)。また、中学・高校の教員や、国家・地方公務員に就く者も毎年若干名います。しかしながら近年は、大学院への進学を希望する人が就職希望者を大きく上回っています。これは、卒業研究で行った研究に興味を持ち、さらに研究を進展させたいと望む人が増えたことと、高度の知識や技術を身につけてから社会に出たいと思う人が増えたことによると考えられます。また就職先の企業・機関も、より専門的な人材を要求している場合が多くなっています。したがって、将来、企業等で技術者や研究者になることを希望している人は、大学院で豊かな科学知識やしっかりとした実験技術を身につけておくほうが有利になると考えてよいと言えます(博士前期課程修了者の就職先情報はこちらをご覧ください)。

 なお、過去5年間における大学院の進学先は、約60%が本学の理工学研究科生命科学系専攻生体制御学コースで、他の40%は他大学の大学院になっています。

    H25年度 H26年度 H27年度 H28年度 H29年度 合計
大学院進学 本学 23 23 31 26 21 124
他大学 6 2 0 6 3 17
進学準備 大学院(研究生) 0 0 0 0 0 0
就職 情報・出版 4 5 0 3 3 15
食品・製造 1 4 0 2 1 8
化学・医薬・医療 1 3 2 1 4 11
機械・環境・エネルギー 0 2 1 0 0 3
教育・研究 2 1 0 0 0 3
公務員 0 1 2 3 2 8
その他業種 4 4 1 3 3 15
その他   2 0 0 0 0 2
合計   42 42 37 44 37 206

主な就職先

国土交通省、さいたま市役所、栃木県庁、埼玉県警、茨城県警、学校法人佐藤栄学園、日本赤十字社、武蔵野フーズ、神戸屋、関東グリコ、イオンフードサプライ、野村総合研究所、ニチレイロジグループ、ニコンシステム、日立ソリューションズ、東日本旅客鉄道、みずほフィナンシャルグループ、みずほトラストシステムズ、オリックス・リビング、新日本科学、日本クレア、全薬工業、グラクソ・スミスクラインなど

主な進学先
埼玉大学大学院理工学研究科、東京大学大学院農学生命科学研究科、東京大学大学院理学系研究科、東京大学大学院新領域創成科学研究科、東京大学大学院医科学系研究科、京都大学大学院生命化学研究科、東京工業大学大学院総合理工学研究科、山形大学大学院農学研究科、山梨大学大学院医学工学総合教育部など

このページのトップへ このページのトップへ