埼玉大学 理学部 生体制御学科

お問い合わせENGLISH

アドミッションポリシー

 ヒトをはじめとするさまざまな生物は、遺伝子、細胞、組織・器官、個体の各レベルで調和のとれた制御機構により生命を営んでいます。このような各レベルでの制御機構の解明は、生命現象の基礎的理解だけでなく、医学、薬学、農学、水産学などの応用面に計り知れない寄与が期待されます。生体制御学科は、このような生命現象の制御機構の解明と理解に特に焦点を絞って、生物学の幅広い知識と素養を備えた上で生命科学分野のさまざまな方面に貢献できる人材の育成を目指して、教育を進めています。特にこの学科は、他大学等の類似学科と比較して、特に生命科学のフロントラインの内容を扱っていることが大きな特徴と言え、例えば、動物の受精・初期発生、脳形成の遺伝子レベルの制御機構、学習行動の脳による制御機構、新規生理活性物質の機能解析、細胞分化機構の解析、分子免疫内分泌機構、糸状菌を用いたDNA損傷修復機構、環境ストレスへの植物の応答機構など、重要で興味深い研究課題にあふれています。 このような生体制御学科は、生命現象や生物に幅広い興味をもち、生命科学の基礎的学力を備えたうえで将来この分野で研究・教育に携わることを目指すみなさんの入学を期待しています。

 卒業生は、いわゆるバイオ関連企業の研究・技術開発方面に進むほか、教員になるものも少なくありませんが、大多数はそのまま大学院に進学し、生命科学の研究・研鑽を深めたのち、研究・教育など多方面に進み、さまざまな分野で活躍しています。また、生命科学は世界規模で急速に発展しているため国の内外を問わず活躍の道が開かれており、国際的に活躍することも求められています。

このページのトップへ このページのトップへ