埼玉大学 理学部 / 大学院理工学研究科
生体制御学科 / 生体制御学コース
Department of Regulatory Biology, Saitama University

吉原亮平 助教

吉原 亮平 YOSHIHARA Ryouhei ー 助教 ー

■ 分子遺伝学、放射線生物学

  • 大学院理工学研究科生命科学部門生体制御学領域 所属
  • 博士前期課程生命科学系専攻生体制御学コース 担当
  • 理学部生体制御学科 担当
研究について

 生物の遺伝情報を担うDNAは、紫外線・電離放射線・化学物質など様々なDNA損傷誘発因子に曝されています。DNA損傷は遺伝子突然変異を誘発し、発がんや遺伝病、細胞老化の原因となります。生物はこれらの脅威から身を守るため、DNA損傷による生命活動への障害を抑制し遺伝情報を次世代へ正確に伝搬する、DNA損傷修復機構を獲得しました。この機構は大腸菌から植物、人に至るまで、地球上に存在するほぼ全ての生物が有しており、重要な生命システムであると考えられます。また、大変興味深いことに、このDNA損傷修復機構というシステムは常に正確にDNA損傷を修復するものではなく、中には損傷修復の過程において変異を誘発してしまう修復系があることも知られています。これらは生物が遺伝情報を保護する一方で遺伝子変異による新たな形質の獲得を可能とする、生き残り戦略の一つなのかも知れません。私たちは、①様々な修復機構が互いにどのように関わっているのか、さらに②生物種間でどのような特徴があるのかなどを含めたDNA損傷修復機構の全体像についての研究から、生物の生存戦略を解き明かすことができると考えています。現在私たちの研究室では、モデル生物のアカパンカビを実験材料とし、DNA損傷修復、変異誘発、細胞の老化に関する基礎研究を行うことで、DNA損傷修復機構の全貌解明に取り組んでいます。

研究業績