埼玉大学 生体制御学科 / 生体制御学コース

お問い合わせENGLISH

研究業績

2016年

国際学会                          * 下線は生体制御学コースの教員

  • A Dudani、A Mondal、S Aizawa、I Sakata and T Sakai
    Determination of main action site of motilin in Suncus murinus in vitro.
    The 11th Anniversary India-Japan Fest BICON-2016,India,2016年10月20~22日
  • 近藤大介、上田洸平、竹見祥大、池之谷知佳、坂井貴文坂田一郎
    Sympathetic nerve stimulates ghrelin secretion via its interaction with urocortin in mice.
    The 11th Anniversary India-Japan Fest BICON-2016,India,2016年10月20~22日
  • 小山航平、吉村真、三上尭、アヌポンモンダル、坂田一郎坂井貴文
    The role of vagal TRPV1 in gastric acidification suppression of motilin-induced gastric contractions.
    The 11th Anniversary India-Japan Fest BICON-2016,India,2016年10月20~22日
  • Hagiwara K, Saruhashi M, Ishizaki Y, Kawakami M, Fujita M, Sakata Y and Takezawa D
    Group B3 MAPKKK as the key regulator of ABA and abiotic stress response in the moss Physcomitrella patens
    Cold Spring Harbor Asia 2016-Latest Advances in Plant Development and Environmental Responses, 29 Nov - 2 Dec, 2016
  • Takezawa D, Murai S, Hori M, Wakida M, Takahashi K, Ishizaki K, Nishihama R, Kohchi and Komatsu K
    Roles of abscisic acid in sugar signaling and desiccation tolerance in the liverwort Marchantia polymorpha
    Cold Spring Harbor Asia 2016-Latest Advances in Plant Development and Environmental Responses, 29 Nov - 2 Dec, 2016
  • Ishizaki Y, Saruhashi M, Hagiwara K, Sakata Y, Umezawa T and Takezawa D
    Phosphorylation-mediated activation of the Raf-like kinase ARK for response to abscisic acid in Physcomitrella patens
    Cold Spring Harbor Asia 2016-Latest Advances in Plant Development and Environmental Responses, 29 Nov - 2 Dec, 2016
  • Maejima S, Yamaguchi S, Uchiyama K, Morishita M and Tsukahara S
    Involvement of neurons expressing corticotropin-releasing hormone (CRH) and vgf nerve growth factor inducible (VGF) in the central part of the medial preoptic nucleus on male sexual behavior in rats.
    Neuroscience 2016, San Diego, CA, USA, November 12-16, 2016.
  • Morishita M and Tsukahara S
    Roles of testicular testosterone and ovarian estradiol during puberty on the formation of sexually dimorphic brain structures in mice.
    Joint Events of 22nd International Congress of Zoology and 87th Meeting of Zoological Society of Japan、Okinawa、2016年11月14-19日.
  • Kinoshita H, Ohgane N, Fujino Y, Yabe T, Yokota D, Ovara H, Izuka A, Kage D, Yamasu K, Takada S, and Kawamura A
    Relative levels of ripply and tbx6 are required for the somite segmentation in zebrafish
    The 22nd International Congress of Zoology & The 87meeting of Zoological Society of Japan (November 2016, Okinawa, Japan)
  • Mondal A, Koyama K, Mikami T, Sakata I and Sakai T
    Changes of duodenal pH are important for the occurrence of strong gastric contraction by the release of motilin in the Suncus murinus.
    FNM 2016 Joint International Meeting, (August 2016,San Francisco, California, USA.)
  • Dudani A, Aizawa S, Mondal A, Sakai T and Sakata I
    Proximal stomach is the most responsive site for motilin- and ghrelin-induced gastric contractions in Asian musk shrew stomach in vitro.
    FNM 2016 Joint International Meeting, (August 2016,San Francisco, California, USA.) 

国内学会

  • 近藤大介、竹見祥大、Rakhi Chacrabati、坂井貴文坂田一郎
    ウロコルチン1脳室内投与によるグレリン分泌作用の検討
    第22回Hindgut Club Japanシンポジウム(東京都 専修大学)2016年12月3日
  • 牧井 崇、池之谷知佳、竹見祥大、坂井貴文坂田一郎
    マウスグレリン産生細胞における RESP18 の役割の検討
    第41回日本比較内分泌学会大会(神奈川県 相模原)2016年12月9~11日
  • 坂井田初季、相澤清香、坂田一郎坂井貴文
    食虫目スンクスにおける下垂体前葉ホルモン産生細胞の局在の検討
    第41回日本比較内分泌学会大会(神奈川県 相模原)2016年12月9~11日
  • 尾島汐海、中村友亮、坂田一郎坂井貴文
    モチリン及びグレリンによる協調的摂食刺激作用の検討
    第41回日本比較内分泌学会大会(神奈川県 相模原)2016年12月9~11日
  • 堀田太一、伊藤一真、小山航平、三上 尭、坂田一郎坂井貴
    スンクスにおける中枢性胃運動調節機構の検討
    第41回日本比較内分泌学会大会(神奈川県 相模原)2016年12月9~11日
  • 中原千尋、伊藤一真、坂田一郎坂井貴文
    食虫目スンクスを用いた胃容量測定系の確立
    第41回日本比較内分泌学会大会(神奈川県 相模原)2016年12月9~11日
  • 竹見祥大 、池之谷知佳 、Gong zhi、Chacrabati Rakhi、近藤大介 、田中 亨 、坂井貴文坂田一郎
    グレリンを修飾する中鎖脂肪酸の起源の同定
    第41回日本比較内分泌学会大会(神奈川県 相模原)2016年12月9~11日
  • 近藤大介、上田洸平、坂井貴文坂田一郎
    ウロコルチン 1 脳室内投与によるグレリン分泌作用の検討
    第41回日本比較内分泌学会大会(神奈川県 相模原)2016年12月9~11日
  • Dudani A, Aizawa S, Mondal A, Sakai T and Sakata I
    Most Active And Responsive Site For Motilin- And Ghrelin-Induced Gastric Contractions Is Proximal Stomach In Asian Musk Shrew Stomach In Vitro.
    7th ISAJ Symposium(東京 インド大使館)2016年12月15日
  • 小林大也、大家有紀子、畠山晋田中秀逸
    アカパンカビにおけるオートファジー関連遺伝子atg7欠損株のメチルメタンスルホン酸感受性
    第39回 日本分子生物学会年会 (2016年12月)
  • 吉原亮平、李正皓、桑原一樹、石森啓右、畠山晋田中秀逸
    アカパンカビにおける新規寿命関連遺伝子の解析
    第39回 日本分子生物学会年会 (2016年12月)
  • 堀 麻衣子、根本 紫帆、竹澤 大輔
    ゼニゴケ凍結保存におけるトレハロースの効果
    Cryopreservation Conference 2016、2016年9月
  • 前川文彦、佐野一広、鈴木剛、Nang Thinn Thinn Htike、森下雅大、Tin Tin Win Shwe、橋本俊次、川嶋貴治、磯部友彦、中山祥嗣、塚原伸治
    エストロゲン様活性を示す難燃剤の影響評価指標としての「脳の性分化」.
    第19回環境ホルモン学会研究発表会、つくば、2016年12月8-9日.
  • 森下雅大、塚原伸治
    性的二型核の性差構築に対する思春期の性ステロイドホルモンの影響.
    第43回日本神経内分泌学会学術集会、浜松、2016年10月14-15日
  • 田中相子、ヤダナモエ、森下雅大、矢橋里和、勝浦五郎、岩重記洋、阿久根淳、乾明夫、坂井貴文塚原伸治
    マウス、スンクス、コモンマーモセットのカルビンディン発現細胞より構成される性的二型核.
    第43回日本神経内分泌学会学術集会、浜松、2016年10月14-15日.
  • Win-Shwe Tin-Tin, Nan Thin Thin Htike, Tsukahara S, Koike E and Yanagisawa R
    Lactational exposure to benzo[a]pyrene (BaP) on neuroimmune biomarkers in hippocampus of an allergic asthmatic mouse model.
    The 39th Annual Meeting of the Japan Neuroscience Society(第39回日本神経科学大会)、横浜、2016年7月20-22日.
  • Nang Thinn Thinn Htike, Maekawa F, Soutome H, Sano K, Maejima S, Kyaw Htet Aung and Tsukahara S
    Arsenic exposure induces forced S phase entry linked to cell death in mouse cortical astrocytes.
    The 39th Annual Meeting of the Japan Neuroscience Society(第39回日本神経科学大会)、横浜、2016年7月20-22日.
  • Maejima S, Yamaguchi S, Uchiyama K, Morishita M and Tsukahara S
    Involvement of neurons expressing corticotropin-releasing hormone (CRH) and vgf nerve growth factor inducible (VGF) in the central part of the medial preoptic nucleus on sexual behavior in male rats.
    The 39th Annual Meeting of the Japan Neuroscience Society(第39回日本神経科学大会)、横浜、2016年7月20-22日.
  • Tanaka T, Yadanar M, Morishita M, Nakahara C, Yahashi S, Sakata I, Katsuura G, Iwashige F, Akune A, Inui A, Sakai T and Tsukahara S
    A comparative study of morphological sex differences in the brain of mice, suncus, and common marmosets.
    The 39th Annual Meeting of the Japan Neuroscience Society(第39回日本神経科学大会)、横浜、2016年7月20-22日.
  • 猪股 千尋、中⼭ 由紀⼦、 佐知弥益 恭
    脊椎動物胚神経板での脳領域化および神経形成におけるgbx2の役割
    第39回日本分子生物学会年会(横浜, 11月30日-12月2日, 2016)
  • 池田 真彬、中山 由紀子、弥益 恭
    ゼブラフィッシュ胚での神経分化におけるOct4相同遺伝子の役割
    第39回日本分子生物学会年会(横浜, 11月30日-12月2日, 2016)
  • 前川 雅人、三浦 祐平、沖山 綾菜、志村 恭介、弥益 恭
    ゼブラフィッシュemx3の終脳エンハンサーによる転写調節機構の培養系での解析
    第39回日本分子生物学会年会(横浜, 11月30日-12月2日, 2016)
  • 佐藤武寿、鹿毛大地、弥益 恭
    峡部領域での局所オーガナイザー形成機構についてのゲノム編集技術を用いた検討
    第39回日本分子生物学会年会(横浜, 11月30日-12月2日, 2016)
  • 結川 達也、池田 真彬、弥益 恭
    ゼブラフィッシュ胚の尾芽における多能性細胞の分化制御機構
    第39回日本分子生物学会年会(横浜, 11月30日-12月2日, 2016)
  • 木下宏史、藤野友梨、大金ななえ、矢部泰二郎、横田大佑、小原弘幹、猪塚彩花、荒木 颯、鹿毛大地、弥益 、高田慎治、川村哲規
    Ripply-Tbx6の相対的な比がゼブラフィッシュの体節形成に必須である
    第39回 日本分子生物学会年会 (2016年12月1日、横浜)
  • 田港朝仁、横田大佑、荒木 颯、小原弘幹、弥益 恭川村哲規
    ゼブラフィッシュ胚での生体内活性を指標としたエンハンサー同定法の確立
    第39回 日本分子生物学会年会 (2016年11月30日、横浜)
  • 横田大佑、伴 博之、木下宏史、藤野友梨、矢部泰二郎、猪塚彩花、赤間 耀、小原弘幹、鹿毛大地、弥益 恭、高田慎治、川村哲規
    未分節中胚葉におけるゼブラフィッシュtbx6遺伝子の発現制御機構の解析
    第39回 日本分子生物学会年会 (2016年11月30日、横浜)
  • 田港朝仁、横田大佑、荒木 颯、小原弘幹、弥益 恭川村哲規
    生体内活性を指標としたエンハンサー同定法を用いた尾芽エンハンサーの解析
    埼玉大・自治医大大学院合同研究発表会オータムリトリート(2016年11月19日)
  • 木下宏史、藤野友梨、大金ななえ、矢部泰二郎、横田大佑、小原弘幹、猪塚彩花、荒木 颯、鹿毛大地、弥益 恭、高田慎治、川村哲規
    ゼブラフィッシュの予定体節境界形成に必須なripply-tbx6の相対的なバランス
    埼玉大・自治医大大学院合同研究発表会オータムリトリート(2016年11月19日)
  • アヌポンモンダル、小山航平、三上尭、坂田一郎坂井貴文
    Alternation of duodenal pH by 5HT4 recepter governs motilin release and induction of gastric phase Ⅲ-like contraction in Suncus murinus.
    第58回 日本平滑筋学会総会(2016年8月)
  • 小山航平、吉村真、三上尭、黒田香百合、西田麻希、伊藤一真、アヌポンモンダル、城ヶ原貴通、坂田一郎坂井貴文
    モチリン誘発性強収縮の胃内酸性化による抑制機構における迷走神経とTRPV1の役割
    第58回 日本平滑筋学会総会(2016年8月)
  • Yokoi T, Kojima Y, Tanaka S and Hatakeyama S
    Function of Neurospora crassa MSH1 protein in the maintenance of mitochondrial DNA
    第88回日本遺伝学会大会 (2016年9月)
  • Tsuda S, Hiyoshi K, Maruyama K, Miyazawa H, Kinno R and Yamasu K
    Morphological and functional analysis of compartmentalization in cerebellar development.
    22nd Japanese Medaka Zebrafish Meeting (Okazaki, Aug. 20-21, 2016)
  • Inomata C, Nakayama Y, Tsuda S and Yamasu K
    Involvement of gbx2 in Neurogenesis in Vertebrate Embryos. 22nd Japanese Medaka Zebrafish Meeting (Okazaki, Aug. 20-21, 2016)
  • Ikeda M, Nakayama Y, Inomata C and Yamasu K
    Developmental and genetic study of the role of the class V POU transcription factor Pou2 during vertebrate embryogenesis.
    22nd Japanese Medaka Zebrafish Meeting (Okazaki, Aug. 20-21, 2016)
  • Yuikawa T and Yamasu K
    Regulation of cell differentiation in the tail bud by the Oct4-type POU transcription factor Pou2 in zebrafish embryos.
    22nd Japanese Medaka Zebrafish Meeting (Okazaki, Aug. 20-21, 2016)
  • Kinoshita H, Ohgane N, Fujino Y, Yabe T, Yokota D, Ovara H, Izuka A, Kage D, Yamasu K, Takada S and Kawamura A
    Relative levels of ripply and tbx6 are required for the proper somite segmentation in zebrafish
    The 22nd Japanese Medaka and Zebrafish Meeting (2016年8月)
  • 木村菜摘、田中秀逸、小川俊夫
    ミュータンス菌バイオフィルムの脱離について(2)
    日本歯科衛生学会第11回学術大会(2016年9月)
  • 萩原和哉、猿橋正史、 石崎 優美子、 梅澤泰史、 坂田洋一、 竹澤大輔
    ヒメツリガネゴケアブシジン酸低感受性変異株の低温馴化応答の解析
    第61回低温生物工学会大会2016年6月26日
  • 染谷浩平、相澤清香、坂田一郎坂井貴文
    スンクス下垂体前葉におけるホルモン産生細胞の分布の検討
    日本動物学会第68回関東支部大会、2016年3月12日
  • 井田可菜美、近藤大介、坂田一郎坂井貴文
    スンクスモチリンモノクローナル抗体の作製とスンクスモチリン測定法の検討
    日本動物学会第68回関東支部大会、2016年3月12日
  • 坂井田初季、相澤清香、坂井貴文坂田一郎
    ラット下垂体隆起部から産生される因子の作用経路の検討
    日本動物学会第68回関東支部大会、2016年3月12日
  • 竹見祥大、坂田一郎、塚原伸治、矢橋里和、勝浦五郎、岩重記洋、阿久根淳、乾明夫、坂井貴文
    Common marmoset (Callithrix jacchus)におけるghrelinの同定と消化管でのghrelin産生細胞の局在
    日本動物学会第68回関東支部大会、2016年3月12日
  • 猿橋正史、石﨑優美子、萩原和哉、小松憲治、梅澤泰史、坂田洋一、竹澤大輔
    ヒメツリガネゴケの ABA シグナル伝達における Raf 様キナーゼ ARK アミノ末端領域の役割
    第57回日本植物生理学会年会 2016年3月
  • 石﨑優美子、猿橋正史、野口明李、萩原和哉、坂田洋一、梅澤泰史、 竹澤大輔
    ヒメツリガネゴケのABA・高浸透圧および低温応答に関わる Raf 様 キナーゼ ARK のリン酸化による制御
    第57回日本植物生理学会年会 2016年3月
  • 田港朝仁、横田大佑、荒木 颯、小原弘幹、弥益 恭川村哲規
    生体内活性を指標としたエンハンサー同定法の確立と制御遺伝子の探索
    第68回 日本動物学会 関東支部大会(2016年3月、神奈川)
  • 講演

  • 塚原伸治
    脳の性差を構築する性ホルモンの作用機構
    第39回日本分子生物学会年会、横浜、2016年11月30日
  • Tsukahara S
    Sex and species differences in brain structure.
    Mini-Symposium : Application of Recent Advances in Neuroscience to Environmental Health Research, Tsukuba, Japan, November 22, 2016.
  • Tsukahara S
    Difference and homology of sexually dimorphic brain structures among quails, mice, musk shrews, and common marmosets.
    Joint Events of 22nd International Congress of Zoology and 87th Meeting of Zoological Society of Japan, Okinawa, Japan, November 17, 2016.
  • Tsukahara S
    Gonadal steroid action on sex-specific formation of the brain.
    The 39th Annual Meeting of the Japan Neuroscience Society(第39回日本神経科学大会)、横浜、2016年7月21日.
  • 坂井貴文
    ホルモンの力で健やか生活―脳と体は支え合っている―
    埼玉大学産学官連携協議会 第17回定期総会・産学官連携事例発表 、大宮ソニックシティー市民ホール
    2016年6月6日
  • Tsukahara S and Kanaya M
    Region-specific actions of sex steroids on the formation of morphological sex difference in the brain. 第93回日本生理学会大会、札幌、2016年3月23日.