埼玉大学 生体制御学科 / 生体制御学コース

お問い合わせENGLISH

研究業績

2014年

国際学会                          * 下線は生体制御学コースの教員

  • Takezawa D
    Desiccation stress signaling and the role of abscisic acid in Marchantia polymorpha
    Marchantia Workshop 2014 (December 2014, Kobe, Japan)
  • Kato K, Murai S and Takezawa D
    Group A PP2C as a negative regulator of abscisic acid signaling in liverworts
    Marchantia Workshop 2014 (December 2014, Kobe, Japan)
  • Hagiwara Y, Kaneko M and Takezawa D
    Abscisic acid-induced gene expression in Marchantia polymorpha is mediated by evolutionarily conserved promoter elements
    Marchantia Workshop 2014 (December 2014, Kobe, Japan)
  • Ghosh TK, Takezawa D and Arai K
    Functional analysis of Marchantia polymorpha gene explore the conserved positive ABA signaling in liverworts
    Marchantia Workshop 2014 (December 2014, Kobe, Japan)
  • Murai S, Soda K, Umezawa T, Shinozaki K, Ishizaki K, Kohchi T and Takezawa D
    MpPYL1 as an abscisic acid receptor in liverworts
    Marchantia Workshop 2014 (December 2014, Kobe, Japan)
  • Kyaw Htet Aung, Maekawa F, Chaw Kyi Tha Thu, Sano K, Nakamura K, Tanoue A,
    Kakeyama M, Nohara K and Tsukahara S
    Prenatal arsenic exposure inducesimpaired behavioral flexibility and morohology of the prelimbic cortex inadult mice International Conference of Asian Environmental Chemistry 2014 (November 2014, Bangkok, Thailand)
  • Takezawa D, Saruhashi M, Ghosh TK and Sakata Y
    Characterization of UV-induced mutant lines of Physcomitrella patenswith reduced sensitivity to cold and abscisic acid
    MOSS2014 (September 2014, Beijing, China)
  • Ghosh TK, Takezawa D, Watanabe N, Saruhashi M, Suzuki A, Ishiyama K, Somemiya S, Kobayashi M and Sakata Y
    Analysis of ABA deficient mutant of Physcomitrella patens reveals the conserved mechanisms for hyperosmotic acclimation in embryophytes
    MOSS2014 (September 2014, Beijing, China)
  • Murai S, Umezawa T, Shinozaki K, Ishizaki K, Kohchi T and Takezawa D
    MpPYL1 as an abscisic acid receptor in liverworts
    MOSS2014 (September 2014, Beijing, China)
  • Ito K, Mondal A, Mikami T, Kuroda K, Sakai T and Sakata I
    Motilin and ghrelin regulate postprandial giant contractions in Suncus murinus
    FNM2014(2014年9月,中国・広州) 
  • Mikami T, Mondal A, Kuroda K, Ito K, Sakai T and Sakata I
    Simultaneous measurement of gastric and duodenal motility in Suncus murinus
    FNM2014(2014年9月,中国・広州) 
  • Chaw Kyi Tha Thu, Ito H, Okoshi K, Matsuda K-I, Kawata M and Tsukahara S
    A female-dominant sexually dimorphic area sandwiched between male-dominant sexually dimorphic nuclei in brain of mice.
    8th International Congress of Neuroendocrinology 2014 (August 2014, Sydney, Australia)
  • Kanaya M, Tsuda CM, Sagoshi S, Nagata K, Morimoto C, Chaw Kyi Tha Thu,
    Toda K, Kato S, Ogawa S and Tsukahara S
    Regional differences in sex steroid action on formation of sexually dimorphic nuclei in mice.
    8th International Congress of Neuroendocrinology 2014 (August 2014、 Sydney, Australia)
  • Ogawa S, Sano K, Nakata M, Musatov S and Tsukahara S
    Activation of estrogen receptor α in the medial amygdala during pubertal period is essential for the full expression of male-type social behavior in mice.
    8th International Congress of Neuroendocrinology 2014 (August, 2014, Sydney, Australia)
  • Tin-Tin-Win-Shwe, Fujitani Y, Chaw-Kyi-Tha-Thu, Furuyama A, Tsukahara S, Nitta H and Hirano S
    Diesel engine exhaust origin secondary organic aerosol affects novel object recognition ability and maternal behavior in BALB/c mice.
    8th International Congress of Neuroendocrinology 2014(August, 2014, Sydney, Australia)
  • Tsukahara S
    Sex steroid actions on the formation of morphological sex difference in the rodent brain.
    Satellite Meeting of ICN 2014 “Recent and Future Trends in Neuroendocrinology from Asia and Oceania to Global”(August 2014, Sydney, Australia)(招待講演)
  • Hatakeyama S
    The relationship between mutagen sensitivity and life span.
    Neurospora 2014 (March , 2014 ,California, USA)

国内学会

  • 塚原伸治
    性経験によって促進する雄性行動の神経制御機構
    第20回「性と生殖」公開シンポジウム(人間科学における神経内分泌研究からの展開)(2014年12月)
  • 塚原伸治
    The Year(基礎編)神経内分泌学の基礎研究における最近の動向
    第41回日本神経内分泌学会学術集会(2014年11月)
  • 高橋一樹、伊藤佑貴、吉村麻美、津田佐知子、二階堂昌孝、川村哲規弥益恭
    酸素代謝関連遺伝子による神経堤細胞の発生制御
    第37回日本分子生物学会年会 (2014年11月)
  • 王喆、鹿毛大地、Moens Cecilia、弥益恭
    ゼブラフィッシュ初期及び後期脳形成におけるgbx遺伝子の役割の検討
    第37回日本分子生物学会年会 (2014年11月)
  • 篠藤綾乃、平一志、高橋稔、津田佐知子、阿部玄武、川上浩一、弥益恭
    GAL4/UAS遺伝子強制発現系による脊椎動物脳局所オーガナイザーの形成機構の解析
    第37回日本分子生物学会年会 (2014年11月)
  • 小林加奈、弥益恭
    ゼブラフィッシュV型POU転写因子遺伝子pou2/pou5f3の発現を制御する相乗的な転写調節因子間の相互作用
    第37回日本分子生物学会年会 (2014年11月)
  • 大貫穂乃佳、高橋稔、津田佐知子、川上浩一、弥益 恭
    ゼブラフィッシュ胚の脳原基におけるコリン作動性ニューロンシステムの発生
    第37回日本分子生物学会年会 (2014年11月)
  • 坂井貴文坂田一郎、Mondal Anupom、黒田香百合、黄合慶、伊藤一真、三上尭
    スンクスを用いた消化管運動調節機構の解析
    第51回日本臨床生理学会総会 (2014年11月)
  • Horita T, Kuroda K, Ito K, Mikami T, Hequing H, Mondal A, Sakata I and Sakai T
    Ghrelin is important for motilin-induced gastric motility
    2014 第39回日本比較内分泌学会大会・第8回国際両生類爬虫類神経内分泌学会 合同大会 (2014年11月)
  • Ueda K, Zhi G, Sakai T and Sakata I
    Ghrelin secretion is stimulated via the sympathetic nervous system.
    2014 第39回日本比較内分泌学会大会・第8回国際両生類爬虫類神経内分泌学会 合同大会 (2014年11月) 
  • 加藤圭土、Khaleda Akter、村井周平、竹澤大輔
    植物ホルモンアブシシン酸がゼニゴケ無性芽の凍結耐性に与える影響
    Cryopreservation Conference 2014 (2014年10月)
  • Goswami Chayon,島田佳明,Anupom Mondal,坂田一郎坂井貴文
    Motilin stimulates gastricacid secretion in coord.
    第85回日本動物学会(2014年9月)
  • 坂井貴文
    下垂体隆起部の細胞生物学的研究 吉村賞受賞講演
    第29回日本下垂体研究会学術集会(2014年8月)
  • 三上 尭、黒田香百合、伊藤一真、アヌポン モンダル、坂井貴文坂田一郎
    スンクス上部消化管の収縮運動同時測定と十二指腸起源消化管運動
    第56回日本平滑筋学会総会(2014年8月)
  • 伊藤一真、吉村 真、三上 尭、アヌポン モンダル、坂田一郎坂井貴文
    食虫目スンクス胃におけるモチリンとグレリンによる食後期強収縮制御
    第56回日本平滑筋学会総会(2014年8月)優秀演題賞受賞
  • 遠藤光義、田中秀逸畠山晋
    アカパンカビの短寿命株ndの解析
    日本遺伝学会第86回大会(2014年9月)
  • Ovara H, Ooka Y, Hoshikawa M, Takada S, Yamasu K and Kawamura A
    A posterior-to-anterior gradient expression of hes6 in the presomitic
    mesoderm is established by the transcriptional and post-transcriptional
    regulations
    20th Japanese Medaka and Zebrafish Meeting(2014年9月)
  • Ohnuki H, Takahashi M, Kawakami K and Yamasu K
    Development of the cholinergic neuron system in zebrafish embryos.
    20th Japanese Medaka Zebrafish Meeting (2014年9月)
  • Kobayashi K, Khan A and Yamasu K
    Cooperative transcriptional regulation of zebrafish pou2/pou5f3 that encodes a class V POU transcription factor
    20th Japanese Medaka Zebrafish Meeting (2014年9月)
  • Shinoto A, Taira H, Ito Y, Abe G, Asakawa K, Kawakami K and Yamasu K
    Analysis of the regulatory mechanism of brain regionalization in zebrafish embryos using the GAL4/UAS system
    20th Japanese Medaka Zebrafish Meeting (2014年9月)
  • Takahashi K, Ito Y, Yoshimura M, Nikaido M, Kawamura A and Yamasu K
    Regulation of neural crest development by an oxygen metabolism-related gene in zebrafish.
    20th Japanese Medaka Zebrafish Meeting (2014年9月)
  • 篠藤綾乃、平 一志、伊藤佑貴、阿部玄武、川上浩一、浅川和秀、弥益 恭
    GAL4-UAS系を利用した脊椎動物の脳発生制御機構の解析
    日本動物学会第85回大会(2014年9月)
  • 高橋一樹、伊藤佑貴、吉村麻美、二階堂昌孝、川村哲規弥益 恭
    ゼブラフィッシュ胚における神経堤由来組織の発生に関与する酸素代謝関連遺伝子の遺伝学的同定
    日本動物学会第85回大会(2014年9月)
  • 金谷萌子、津田夢芽子、佐越祥子、永田和代、森本千尋、Chaw Kyi Tha Thu、戸田勝巳、加藤茂明、小川園子、塚原伸治
    前腹側脳室周囲核と分界条床核主核の性差形成に対する性ステロイド作用の相違性と類似性
    第37回日本神経科学大会(2014年9月)
  • Chaw Kyi Tha Thu, Ito H, Okoshi K, Matsuda KI, Kawata M and Tsukahara S
    A novel sexually dimorphic area exhibiting female-dominant morphology in the
    hypothalamus of mice.
    第37回日本神経科学大会(2014年9月)
  • Tin Tin Win Shwe, Maekawa F, Chaw Kyi Tha Thu, Fujitani Y, Yanagisawa R, Furuyama A, Tsukahara S, Nohara K, Nitta H and Hirano S
    Effects of developmental exposure to diesel engine exhaust origin secondary organic
    aerosol on social and learning behavior in adult mice.
    第37回日本神経科学大会(2014年9月)
  • 早乙女晴香、前川文彦、Kyaw Htet Aung、野原恵子、塚原伸治
    ヒ素曝露によるマウス初代培養アストロサイトの細胞分裂及び細胞死への影響
    第37回日本神経科学大会(2014年9月)
  • 伊藤宙土、Chaw Kyi Tha Thu、松田賢一、河田光博、塚原伸治
    マウスの視床下部において新たに発見した形態学的性差を示す領域の組織学的解析
    日本動物学会第85回大会(2014年9月)
  • 森田沙也佳、沖野恵理、星川佑美、塚原伸治
    自然分娩した雌ラットの母性行動発現を促進する育仔経験の至適時期の検討
    日本動物学会第85回大会(2014年9月)
  • 弥益 恭
    動物の発生における中脳-小脳の領域化と神経分化の統合的制御
    埼玉大学・脳末梢科学研究センターシンポジウム 「脳と末梢の最先端研究」 (2014年6月)
  • 弥益 恭
    脊椎動物の中脳ー後脳領域の形成と神経分化を制御する遺伝子機構
    名古屋大学・IGER Seminar(2014年6月)
  • Takahashi M, Mizumoto K and Yamasu K
    Development of hypocretin/orexin neurons in the hypothalamus of zebrafish embryos.
    45th Annual Meeting for the Japanese Society of Developmental Biologists (May , 2014, Nagoya)
  • 坂井貴文
    スンクスを用いた消化管運動研究の新たな展開 - 消化管研究におけるスンクスの有用性 -
    第8回スンクス研究会(2014年3月)
  • 榎本衣里、Chayon Goswami、坂井貴文坂田一郎
    スンクスを用いたモチリン分泌調節機構の検討
    日本動物学会関東支部第66回大会(2014年3月)
  • 坂井貴文、伊藤一真、黒田香百合、坂田一郎
    スンクスを用いた食後期強収縮制御機構の検討
    第22回群馬消化管運動研究会(2014年3月)
  • 塚原伸治
    交尾経験によって引き起こされる雄性行動発現促進のメカニズム:視索前野の性的二型核(SDN-POA)の生理機能の解明をめざして.
    日本行動神経内分泌研究会第4回関西支部勉強会(2013年3月)(特別講演)
  • 塚原伸治
    行動の性差を生み出す脳の性分化機構.
    日本発達心理学会第25回大会(日本発達心理学会・日本動物心理学会共催シンポジウム)(2013年3月)(招待講演)