埼玉大学 生体制御学科 / 生体制御学コース

お問い合わせENGLISH

研究業績

2013年

国際学会                          * 下線は生体制御学コースの教員

  • Tsukahara S.
    Mechanism of brain sexual differentiation and development of neurotoxicology method using live imaging.
    Seminar in University of Medicine (1) (November 2013, Myanmar)
  • Inoue Y and Moriyasu Y.
    The pathways of autophagy in tobacco BY-2 cells.
    10th International Congress of Plant Pathology (August 2013, Beijing, China)
  • Ito Y, Takahashi K, Yoshimura M, Nikaido M, Kawamura A and Yamasu K.
    A novel mutation involved in neural crest differentiation in zebrafish embryos.
    8th European Zebrafish Meeting (July 2013, Barcelona, Spain)
  • Nakayama Y, Wang Z, Kobayashi K, Kikuta H and Yamasu K.
    Studies on the gene network with a focus on Gbx2 transcription factor at the midbrain-hindbrain boundary.
    8th European Zebrafish Meeting (July 2013, Barcelona, Spain)
  • Khan A, Nakamoto A, Nakayama Y, Kobayashi K, Kawamura A, Takeda H and Yamasu K.
    Repeated utilization of Pou2, a class V POU-type transcription factor in zebrafish, in regulation of multiple aspects of early development.
    8th European Zebrafish Meeting (July 2013, Barcelona, Spain)
  • Sakata I, Shimada Y, Tanaka T, Koike K, Aizawa S and Sakai T.
    Motilin and ghrelin additively stimulate gastric acid secretion in Suncus murinus
    Digestive Disease Week (DDW) (May 2013, Orlando, Florida)
  • Ma LQ, Kazama Y, Abe T, Tanana S and Hatakeyama S.
    Mutagenic effect of high-LET ion beam irradiation in Neurospora crassa
    27th Fungal Genetics Conference (March 2013, Asilomar, California)
  • Kurashima K, Chae M, Inoue H, Hatakeyama S and Tanaka S.
    Relationship among mutagen sensitivity, senescence and mitochondrial morphology in the ultraviolet sensitive-5 mutant of Neurospora crassa
    27th Fungal Genetics Conference (March 2013, Asilomar, California)

国内学会

  • 坂田一郎、島田佳明、田中亨、Goswami Chayon、坂井貴文
    スンクス(Suncus murinus)胃酸分泌調節におけるモチリンとグレリンの作用
    JDDW2013 (Japan Digestive Disease Week 2013) (2013年10月)
  • 黄合慶、王ライ、吉田翔真、吉成貴史、坂田一郎坂井貴文
    モチリンおよびグレリンによるスンクス胃空腹期phaseⅢ収縮調節機構
    第38回日本比較内分泌学会大会 (2013年10月)
  • 黒田香百合、伊藤一真、三上尭、坂田一郎坂井貴文
    スンクス食後期胃収縮に対するモチリンとグレリンの相乗効果
    第38回日本比較内分泌学会大会 (2013年10月)
  • 鎌田竜平、田中秀逸畠山晋
    アカパンカビにおける外来DNAのランダム導入様式の解析
    第13回糸状菌分子生物学コンファレンス (2013年11月)
  • 冨樫昭彦、田口絵梨、坪水純、澤野純一、足立明人
    マウス前腹側室周囲核(AVPV)におけるKiss1発現制御機構の解明
    第20回日本時間生物学会 (2013年11月)
  • Kobayashi K, Khan A and Yamasu K.
    In vitro analysis of the transcriptional regulatory mechanism of zebrafish pou2 that encodes a class V POU transcription factor
    第36回日本分子生物学会年会 (2013年12月)
  • Takahashi K, Ito Y, Yoshimura M, Nikaido M, Kawamura A and Yamasu K.
    A novel mutation involved in the development neural crest cells and somites in zebrafish embryos.
    第36回日本分子生物学会年会 (2013年12月)
  • Nakayama Y, Kobayashi K, Wang Z and Yamasu K.
    Gbx2 regulates neurogenesis in the cerebellum during early vertebrate development.
    第36回日本分子生物学会年会 (2013年12月)
  • Chaw Kyi Tha Thu, Ito H, Okoshi K, Matsuda KI, Kawata M and Tsukahara S.
    A female-dominat sexually dimorphic area located between two male-dominant
    sexually dimorphic nuclei in mice.
    第40回日本神経内分泌学会学術集会 (2013年10月)
  • 金谷萌子、津田夢芽子、佐越祥子、永田和代、森本千尋、栗原良平、加藤茂明、小川園子、塚原伸治
    性的二型核形成に関与する性ステロイド作用の領域特異性
    第40回日本神経内分泌学会学術集会 (2013年10月)
  • 阿部雄太、中島静香、塚原伸治
    交尾経験が引き起こす雄ラットの内側視索前野における機能的変化.
    第84回日本動物学会 (2013年9月)
  • 沖野恵理、中島静香、塚原伸治
    雌ラットにおける内側視索前野のスパインに対する育仔経験の影響.
    第84回日本動物学会 (2013年9月)
  • 金谷萌子、津田夢芽子、佐越祥子、永田和代、森本千尋、栗原良平、加藤茂明、小川園子、塚原伸治
    マウスの性的二型核形成に関与する性ステロイド作用の部位差.
    第84回日本動物学会 (2013年9月)
  • 松田賢一、柳沢美歩、佐野一広、Sergei Musatov、大越幸太、塚原伸治、小川園子、河田光博
    エストロゲン受容体α陽性神経細胞のフィードバック応答の可視化.
    第36回日本神経科学大会 (2013年6月)
  • 塚原伸治
    雄ラットの性的覚醒を引き起こす神経機構.
    第84回日本動物学会(シンポジウム講演) (2013年9月)
  • 塚原伸治
    雄の性行動を調節する脳機能の解析と少子化対策に向けて.
    第20回NPO法人東京血管疾患研究所セミナー・第4回東京大学・豊橋技術科学大学合同セミナー(招待講演) (2013年6月)
  • 塚原伸治
    脳の性差形成と性機能:視索前野における性的二型核の性差形成機構と雄
    性機能における関与.
    成育医療研究センター特別セミナー(招待講演) (2013年5月)
  • Ito Y, Takahashi K, Yoshimura M, Nikaido M, Kawamura A and Yamasu K.
    A novel mutation involved in the development of neural crest-derived tissues and organs in zebrafish embryos.
    19th Japanese Medaka Zebrafish Meeting (2013年9月)
  • Kobayashi K, Khan A, Mst Shahnaj Parvin and Yamasu K.
    Transcriptional regulatory mechanism of pou2 that controls a broad spectrum of zebrafish development.
    19th Japanese Medaka Zebrafish Meeting (2013年9月)
  • Nakayama Y, Wang Z, Kobayashi K and Yamasu K.
    Comprehensive analysis of gbx2 target genes suggests that gbx2 functions as a transcriptional activator or a repressor depending on tissues and target genes.
    19th Japanese Medaka Zebrafish Meeting  (2013年9月)
  • 坂井貴文
    モチリンとグレリンは協調して空腹期消化管運動を調節する -新たな実験動物、食虫目スンクスを用いた研究-
    埼玉県立がんセンター医局セミナーにて講演 (2013年5月)
  • 坂井貴文
    ghrelin/motilinによる消化管運動機能調節=新たな小型モデル動物を用いたアプローチ=
    第86回日本内分泌学会学術総会 (2013年4月)
  • 長坂麻衣、相澤清香、坂田一郎坂井貴文
    ラット下垂体隆起部におけるインスリン様成長因子結合タンパク質 5 の発現変動および産生細胞の検討
    第28回日本下垂体研究会学術集会 (2013年8月)
    最優秀発表賞受賞
  • 黒田香百合、黄合庆、坂田一郎坂井貴文
    モチリンとグレリンの相乗的食後期収縮刺激作用
    第55回日本平滑筋学会総会 (2013年8月)
  • 坂田一郎、宮野祐樹、黒田香百合、小池加奈子、坂井貴文
    迷走神経による消化管収縮運動制御機構—スンクスを用いたin vivo実験—
    第55回日本平滑筋学会総会 (2013年8月)
  • 長坂麻衣、相澤清香、坂田一郎坂井貴文
    ラット下垂体隆起部におけるインスリン様成長因子結合タンパク質 5 の発現変動および産生細胞の検討
    第28回日本下垂体研究会学術集会 (2013年8月)
    最優秀発表賞受賞
  • 中村友亮,笹井麻帆,坂田一郎坂井貴文
    スンクスにおけるモチリンとグレリンによる摂食亢進作用
    第84回日本動物学会 (2013年9月)
  • Kawamura A, Hoshikawa M, Nakajo K, Obara H, Yokota D, Higashijima S, Takada S and Yamasu K.
    A cis-regulatory module downstream of hes6 gene controlled by T-box and Ets transcription factors drives the expression in presomitic mesoderm and tailbud of zebrafish embryos
    第19回 小型魚類研究会(2013年9月)
  • 前川文彦、坪井貴司、塚原伸治、野原恵子
    無機ヒ素による神経細胞のAMPA 型グルタミン酸受容体発現抑制.
    第12回分子予防環境医学研究会大会 (2013年2月)
  • Aung KH, Kurihara R, Nakashima S, Maekawa F, Nohara, K, Kobayashi T and Tsukahara S.
    Live imaging analysis of sodium arsenite -induced inhibition of neurite outgrowth in Neuro -2a cells.
    第12回分子予防環境医学研究会大会 (2013年2月)