埼玉大学 生体制御学科 / 生体制御学コース

お問い合わせENGLISH

研究業績

2011年

国際学会                          * 下線は生体制御学コースの教員

  • Akter K, Tougane K, Kaneko M and Takezawa D
    Abscisic acid (ABA)-induced sugar accumulation and stress tolerance of liverwort Marchantia polymorpha
    International Symposium “Strategies of Plants against Global Environmental Change” (December 2011, Kurashiki, Japan)
  • Kaneko M, Komatsu K, Khaleda A, Sakata Y, Ishizaki K, Yamato KT, Kohchi T and Takezawa D
    Abscisic acid-induced expression of stress-associated transcripts in the liverwort Marchantia polymorpha
    International Symposium “Strategies of Plants against Global Environmental Change” (December 2011, Kurashiki, Japan)
  • Sato C, Furudate H, Hoshino M, Ikumi N, Oba K, Sekiguchi T, Machida T and Kimura T
    Nucleus accumbens core mediates inhibition of redundant actions during learned no-reward situation in rats
    41th Annual Meeting of Society for Neuroscience (November 2011, Washington, USA)
  • Tsukahara S and Nakashima S
    Sexual experience reduces spine number of the sexually dimorphic nucleus of the preoptic area in male rats
    41th Annual Meeting of Society for Neuroscience (November 2011, Washington, USA)
  • Miyano Y, Mondal A, Nishina K, Sakata I,  Oda S, Tanaka T and Sakai T
    Effect of vagotomy on fasted and postprandial gastric contractions in conscious house musk shrew (Suncus murinus)
    SGI 2011; The 5th Meeting of the Society of Gastrointestinal Intervention (October 2011, Seoul, Korea)
  • Mondal A, Xie Z, Miyano Y, Tsutsui C, Kawamoto Y, Aizawa S, Tanaka T, Oda S, Sakata I and Sakai T
    Motilin and ghrelin synergistically regulates migrating motor complex (MMC) of the gastrointestinal (GI) motility in the Suncus murinus (house musk shrew)
    SGI 2011; The 5th Meeting of the Society of Gastrointestinal Intervention (October 2011, Seoul, Korea)
  • Kurashima K, Chae M, Tanaka S and Hatakeyama S
    Ultraviolet sencitive-5 gene encodes the mitofusin in Neurospora crassa
    5th Biennial Meeting of Society for Free Radical Research-asia, 8th Conference of Asian Society for Mitochondrial Research and Medicine, 11th Conference of Japanese Society of Mitochondrial Research and Medicine (August-September 2011, Kagoshima, Japan)
  • Khan A, Takemoto K, Takeda H and Yamasu K
    Requirements of a Class V POU transcription factor Pou2/Pou5f1 in different aspects of zebrafish development
    The 5th Asia-Oceania Zebrafish Meeting (August 2011, Beijing, China)
  • Ma LQ., Kazama Y, Abe T, Tanana S and Hatakeyama S
    Examination of the Relationship between the Killing Effect and Induced Mutation by Irradiation with Different Heavy-ion Beams in Neurospora crassa
    BIT’s 1st Annual World Congress of Microbes-2011 (July-August 2011, Beijing, China)
  • Tsukahara S
    Formation and function of tissue structure in the sexually dimorphic nucleus of the preoptic area in rats
    First Asia-Pacific Conference on Integrative Behavioral Science (July 2011, Xi’an, China)
  • Nishina K, Xie Z, Mondal A, Miyano Y, Kodaira Y, Sakata I and Sakai T
    Effects of endogenous ghrelin and motilin on the phase II and phase III of migrating motor complex in the free-moving house musk shrew (Suncus murinus)
    Digestive Disease Week (May 2011, Chicago, USA)
  • Miyano Y, Xie Z, Mondal A, Nishina K, Oda S, Tanaka T, Sakata I and Sakai T
    Role of the vagus nerve in fasted and postprandial gastic motor patterns in the house musk shrew (Suncus murinus), a small laboratory animal
    Digestive Disease Week (May 2011, Chicago, USA)
  • Kurashima K, Chae M, Tanaka S and Hatakeyama S
    MUS-10, related to mitochondrial fusion and senescence, is associated with yeast Fzo1 homologue UVS-5 in Neurospora crassa
    26th Fungal Genetics Conference (March 2011, Asilomar, USA)
  • Hashimoto H, Tanaka S and Hatakeyama S
    Evidence for the
    existence of nei/fpg family DNA glycosylase/AP lyase dependent base excision repair in filamentous fungus Neurospora crassa
    26th Fungal Genetics Conference (March 2011, Asilomar, USA)
  • Shimura Y, Hatakeyama S and Tanaka S
    MGMT homolog and NER pathway are involved to repair of O6-methylguanine adducts in Neurospora crassa
    26th Fungal Genetics Conference (March 2011, Asilomar, USA)

 

国内学会

  • 中島大介、影山志保、Tin-Tin-Win-Shwe、河原純子、塚原伸治、藤巻秀和
    母仔マウスを用いた授乳期におけるトルエンの経路別曝露量解析
    平成23年度室内環境学会学術大会(2011年12月)
  • 塚原伸治
    脳構造の性差形成とエストロゲンの働き
    第17回「性と生殖」公開シンポジウム(エストロゲンと本能行動)(2011年12月)招待講演
  • Nakayama Y, Wang Z, Kanai M, Kikuta H and Yamasu K
    Comprehensive analysis of the regulatory gene network initiated by gbx2 at the midbrain-hindbrain boundary
    第34回日本分子生物学会年会(2011年12月)
  • 藤崎潤、藤岡厚子、重吉康史、中井淳一、足立明人
    温度周期への同調におけるHsp110の機能解析
    第18回日本時間生物学会(2011年11月)
  • 塚原伸治、加藤行則、中島静香
    ラットのSDN-POAにおける組織構造の性差形成機構
    第38回日本神経内分泌学会学術集会(2011年11月)
  • 檜垣佑理子、坂井貴文
    マイクロアレイを用いたニワトリ胚下垂体における遺伝子発現解析
    第36回鳥類内分泌研究会(2011年11月)
  • 相澤清香、長坂麻衣、小平祐太、桧垣佑理子、坂井貴文坂田一郎
    下垂体隆起部におけるニューロメジンU のメラトニンによる発現調節
    第36回日本比較内分泌学会大会(2011年11月)
  • 仁科和也、吉成貴史、榎本衣里、田中亨、坂田一郎坂井貴文
    糖尿病スンクス(Suncus murinus)におけるモチリン誘発性胃収縮運動の検討
    第36回日本比較内分泌学会大会(2011年11月)
  • Mondal A, Shimada Y, Kobayashi R, Sakata I and Sakai T
    Myenteric neural pathway of motilin action in the Suncus murinus (House Musk Shrew) stomach
    第36回日本比較内分泌学会大会(2011年11月)
  • 宮野佑樹、黒田香百合、坂田一郎坂井貴文
    意識下スンクスの胃収縮運動に対する迷走神経切除の影響
    第36回日本比較内分泌学会大会(2011年11月)
  • Mondal A, Kurosawa A, Koike K, Sakata I and Sakai T
    Motilin and ghrelin stimulate gastric contraction in a specific physiological condition in vivo in the Suncus murinus (house musk shrew), a motilin- and ghrelin-producing laboratory animal
    第19回 日本消化器関連学会週間 (Japan Digestive Disease Week 2011)(2011年10月)
  • 宮野佑樹、仁科和也、相澤清香、坂田一郎坂井貴文
    モチリン・グレリンファミリー研究のためのモデル動物スンクス (Suncus murinus) の有用性  
    第19回 日本消化器関連学会週間 (Japan Digestive Disease Week 2011)(2011年10月) ポスター優秀演題賞受賞
  • 馬立秋、風間祐介、阿部知子、田中秀逸畠山晋
    アカパンカビにおける炭素、鉄、アルゴンイオンビームの致死効果とad-3遺伝子座での前方向突然変異の解析
    日本遺伝学会第83回大会(2011年9月)
  • 倉島公憲、Chae Michael、田中秀逸畠山晋
    アカパンカビにおける変異原感受性株とそのミトコンドリア形態異常
    日本遺伝学会第83回大会(2011年9月)
  • 竹澤大輔、小松憲治、坂田 洋一
    コケ植物の生理学的解析から探る陸上植物共通のABA応答機構
    日本植物学会シンポジウム "Opening a New Era of ABA Research"(2011年9月)
  • 佐藤千佳、古舘宏之、伊久美直里、大場健太郎、町田武生、木村 哲也
    大脳基底核側坐核コアによる学習された無報酬状況下での行動抑制
    第34回日本神経科学大会(2011年9月)
  • 中島静香、塚原伸治
    性経験に伴う雄ラットSDN-POAニューロンの微細構造変化
    第34回日本神経科学大会(2011年9月)
  • 森浩子、松田賢一、塚原伸治、河田光博
    子宮内環境がラット視床下部エストロゲン受容体の分布に及ぼす影響について
    第34回日本神経科学大会(2011年9月)
  • 栗原良平、津田夢芽子、Kyaw Hete Aung、仲田真理子、大越幸太、戸田勝巳、小川園子、塚原伸治
    マウス性的二型核における芳香化酵素とエストロゲン受容体の遺伝子欠損の影響
    第34回日本神経科学大会(2011年9月)
  • 塚原伸治、加藤行則
    周生期ラットにおけるSDN-POAの性特異的な組織構造形成
    第34回日本神経科学大会(2011年9月)
  • Khan A, Nakamoto A, Okamoto S, Tai M, Saito S, Takemoto K, Takeda H and Yamasu K
    Analysis of the roles played by a class V POU protein, Pou2/Pou5f1, in zebrafish embryogenesis
    第17回小型魚類研究会(2011年9月)
  • Nakayama Y, Zhe Wang Z, Kanai M, Kikuta H and Yamasu K
    Molecular analysis of the Gbx2 function in the MHB formation in zebrafish embryo
    第17回小型魚類研究会(2011年9月)
  • 長嶺麻里、平塚直樹、森安裕二
    タバコ培養細胞におけるオイルボディー分解機構の解明
    第24回植物脂質シンポジウム(2011年9月)
  • 間舘一憲、上田しのぶ、永澤和道、加藤尚志、小林哲也
    成長遅延症マウスにおける顎下腺の機能解析
    日本動物学会第82回大会(2011年9月)
  • 井上麻紀子、檜垣佑理子、坂田一郎坂井貴文
    ニワトリ胚における下垂体初期発生関連因子の発現解析および胚頭部の細胞移動について
    日本動物学会第82回大会(2011年9月)
  • 相澤清香、岸本萌美、長坂麻衣、坂井貴文坂田一郎
    ラット下垂体隆起部甲状腺刺激ホルモンβサブユニット発現に及ぼすグルタミン酸の影響
    日本動物学会第82回大会(2011年9月)
  • 中島静香、塚原伸治
    交尾経験に伴う雄ラットSDN-POAニューロンの微細構造変化
    日本動物学会第82回大会(2011年9月)
  • 大越幸太、栗原良平、中西剛、塚原伸治
    遺伝子改変マウスを用いた芳香化アンドロゲン脳内応答機構の解析
    日本動物学会第82回大会(2011年9月)
  • 栗原良平、津田夢芽子、Kyaw Hete Aung、仲田真理子、大越幸太、戸田勝巳、小川園子、塚原伸治
    マウス性的二型核形成におけるエストロゲン受容体と芳香化酵素の遺伝子欠損の影響
    日本動物学会第82回大会(2011年9月)
  • 坂田一郎坂井貴文
    消化管運動研究モデル動物としてのスンクス(Suncus murinus)の有用性
    第152回日本獣医学会学術集会(2011年9月)
  • 黒澤明日香、坂井貴文
    モチリン・グレリンファミリー研究におけるスンクス(Suncus murinus)の有用性に関する検討
    第152回日本獣医学会学術集会(2011年9月)
  • 小平祐太、謝祚云、坂原聖士、坂田一郎坂井貴文
    スンクス (suncus murinus) を用いた消化管運動測定系の確立とモチリン及びグレリンの関与
    第32回日本肥満学会(2011年9月)
  • 仁科和也、吉成貴史、田中亨、坂田一郎坂井貴文
    消化管運動研究のための糖尿病性胃麻痺スンクス(Suncus murinus)病態モデルの作製
    第32回日本肥満学会(2011年9月)
  • 坂田一郎
    グレリン分泌はβ1アドレナリン受容体を介して刺激される
    第32回日本肥満学会(2011年9月)
  • 相澤清香、坂井貴文坂田一郎
    脳下垂体隆起部における甲状腺刺激ホルモン発現・分泌の概日リズム制御
    第32回日本肥満学会 (2011年9月)
  • 坂田一郎、相澤清香、長坂麻衣、坂井貴文
    マイクロアレイを用いたラット下垂体隆起部における遺伝子発現解析(最優秀発表賞受賞)
    日本下垂体研究会第26回学術集会(2011年8月) 
  • 相澤清香、長坂麻衣、坂井貴文坂田一郎
    ラット下垂体隆起部におけるグルタミン酸による甲状腺刺激ホルモンβサブユニット発現調節
    日本下垂体研究会第26回学術集会(2011年8月)最優秀発表賞受賞
  • 弥益恭
    小型魚類を用いた脳形成制御機構の発生遺伝学的研究
    第10回国際バイオEXPO・バイオ アカデミック フォーラム(2011年6-7月)
  • Nakayama Y, Wang Z, Kanai M, Kikuta H and Yamasu K
    Functional alteration of the Gbx2 transcription factor during zebrafish brain development
    日本発生生物学会第44回大会(2011年5月)