埼玉大学 生体制御学科 / 生体制御学コース

お問い合わせENGLISH

研究業績

2010年

国際学会                          * 下線は生体制御学コースの教員

  • Nakamoto A, Okamoto S, Tai M, Saito S, Isobe D, Takemoto K, Khan A, Takeda H and Yamasu K
    Multiple and stage-specific functions of a Class V POU transcription factor Pou2/Pou5f1 in zebrafish embryos revealed by the transgenic approach
    The 16th international conference of the International Society of Differentiation (November 2010, Nara, Japan)
  • Nakano M, Minagawa A, Hasunuma I, Yamamoto K, Kikuyama S, Machida T and Kobayashi T
    Changes in mRNA levels of receptors for TRH and dopamine in the bullfrog pituitary during metamorphosis
    The 25th Conference of the European Comparative Endocrinologists (August-September 2010, Pécs, Hungary)
  • Kaneko M, Komatsu K, Akter K, Sakata Y, Ishizaki K, Yamato KT, Kohchi T and Takezawa D
    Abscisic acid-responsive gene expression in liverwort Marchantia polymorpha
    MOSS 2010 (July 2010, Hokkaido, Japan)
  • Akter K, Kaneko M, Tougane K and Takezawa D
    Effect of abscisic acid on sugar accumulation and freezing tolerance in the liverwort Marchantia polymorpha
    MOSS 2010 (July 2010, Hokkaido, Japan)
  • Salma B, Komatsu K, Kaneko M, Akter K, Sakata Y, Ishizaki K, Yamato KT, Kohchi T and Takezawa D
    PP2C-mediated abscisic acid signaling in liverworts
    MOSS 2010 (July 2010, Hokkaido, Japan)
  • Tsukahara S, Tsuda M, Kato Y, Kuroda Y, Nakata M, Xiao K, Nagata K, Nakanishi T, Toda K and Ogawa S
    Elimination of the morphological sex difference in the BNSTp of mice lacking the aromatase, estrogen receptor α (ERα), or ERβ gene
    7th International Congress of Neuroendocrinology (July 2010, Rouen, France)
  • Hatanaka R, Furuki T, Shimizu T, Kikawada T, Takezawa D and Sugawara Y
    Identification and characterization of a newly synthesized protein in suspension-cultured cells of the liverwort Marchantia polymorpha during acquisition of desiccation tolerance CRYO2010 (May 2010, Valencia, Spain) CRYO2010ポスター賞受賞
  • Xie Z, Sakahara S, Hoshino S, Ishida Y, Suzuki A, Koike K, Miyano Y, Kodaira Y, Takahashi T, Oda S and Sakai T
    Ghrelin stimulates gastric contraction in a specific physiological condition in vivo and in vitro in the house musk shrew (Suncus murinus), a ghrelin- and motilin-producing laboratory animal
    Digestive Disease Week 2010 (May 2010, New Orleans, USA)
  • Ma LQ, Kazama Y, Ichida H, Hayashi Y, Abe T, Tanaka S, Inoue H and Hatakeyama S
    Research of mutation of ion beam irradiation in Neurospora
    Neurospora 2010 (April 2010, Asilomar, USA)
  • Kurashima K, Kato A, Sawada S, Hatakeyama S, Chae M, Tanaka S and Inoue H
    New features of the mutagen sensitive-10 mutant indicate relationship between mitochondrial morphology and senescence in Neurospora crassa
    Neurospora 2010 (April 2010, Asilomar, USA)
  • Ishida Y, Tanaka S, Inoue H and Hatakeyama S
    Development of an inducible promoter for Neurospora crassa
    Neurospora 2010 (April 2010, Asilomar, USA)
  • Mochiduki A, Zhifang X and Inoue K
    Effects of prolactin-releasing peptide (PrRP) on the association of metabolism with stress
    14th International Congress of Endocrinology (March 2010, Kyoto, Japan)
  • Inoue M, Wang R, Takagi H and Sakai T
    Chicken adenohypophysis or ignates from two different regions of the embryonic head ectoderm
    14th International Congress of Endocrinology (March 2010, Kyoto, Japan)
  • Osuna M, Sonobe Y and Inoue K
    Differentiation capacity of folliculo-stellate cells in the anterior pituitary gland
    14th International Congress of Endocrinology (March 2010, Kyoto, Japan)
  • Inoue K
    Differentiation potential of folliculo-stellate cells in the anterior pituitary gland
    14th International Congress of Endocrinology Symposium (March 2010, Kyoto, Japan)
  • Mochiduki A and Inoue K
    Function of prolactin-releasing peptide on stress response
    Satellite Symposium of the 14th International Congress of Endocrinology (ICE2010) ‘Neuroendocrine Functions of GPCRs’ (March 2010, Kyoto, Japan)  
  • Takezawa D
    Abscisic acid signaling in Marchantiophyta
    Marchantia Workshop 2010 (March 2010, Kyoto, Japan)

 

国内学会

  • 志村善一、畠山晋田中秀逸
    アカパンカビの O6-メチルグアニン損傷の修復にはMGMTホモログとNERが関わる
    第33回日本分子生物学会年会・第83回日本生化学会大会合同大会(2010年12月)
  • 黒栁友里、中村理恵子、西野佳奈江、天海創、志村恭平、弥益恭
    ゼブラフィッシュ胚の前方神経境界(ANB)の形成に関与する遺伝子群の解析
    第33回日本分子生物学会年会・第83回日本生化学会大会合同大会(2010年12月)
  • 中本アンドルー、岡本俊、田井美也子、齊藤慎二、カーン アラム、竹本一政、武田洋幸、弥益恭
    ゼブラフィッシュ胚発生におけるクラスV型POU転写因子Pou2/Pou5f1の時期特異的かつ多様な制御機能
    第33回日本分子生物学会年会・第83回日本生化学会大会合同大会(2010年12月)
  • 藤崎潤、徳山慎一、牧野亮、相澤英之、藤岡厚子、重吉康史、足立明人
    概日リズム分子制御機構におけるRbm3の機能解析
    第17回日本時間生物学会学術大会(2010年11月)
  • 徐枝芳、加賀重仁、坪水純、藤崎潤、望月明和、井上金治足立明人
    時計遺伝子によるKiss1発現制御に関する研究
    第17回日本時間生物学会学術大会(2010年11月)
  • 中野真樹、皆川温子、蓮沼至、山本和俊、菊山榮、町田武生小林哲也
    変態期ウシガエル幼生のプロラクチン分泌調節機構の解析
    第35回日本比較内分泌学会(2010年11月)
  • 田口雄亮、田崎佳恵、小林大礎、町田武生、小林哲也
    成長遅延症マウスのインスリン分泌能低下に対する甲状腺ホルモンの効果
    第35回日本比較内分泌学会(2010年11月)
  • 宮野佑樹、謝祚云、坂原聖士、星野賢哉、小池加奈子、岸本萌美、坂井貴文
    スンクス(Suncus murinus)を用いた消化管運動制御におけるモチリンとグレリンの作用
    第35回日本比較内分泌学会(2010年11月)
  • 井上麻紀子、檜垣佑理子、髙木宏泰、坂井貴文
    ニワトリ胚下垂体隆起部の性質とその起源について
    第35回日本比較内分泌学会(2010年11月)
  • 鈴木愛理、石田祐子、筒井千尋、坂井貴文 
    食虫目スンクスにおけるグレリン・モチリン受容体の遺伝子クローニング及び発現解析
    日本動物学会第81回大会(2010年9月)
  • 黒栁友里、中村理恵子、西野佳奈江、天海創、志村恭介、弥益恭
    ゼブラフィッシュ胚における前方神経境界(ANB)の形成制御機構
    日本動物学会第81回大会(2010年9月)
  • 竹本一政、中本アンドルー、齊藤慎二、磯部大貴、弥益恭
    ゼブラフィッシュClass V POU 型転写因子による中脳後脳境界の形成制御機構
    日本動物学会第81回大会(2010年9月)
  • 中本アンドルー、岡本俊、田井美也子、斎藤慎二、カーン アラム、竹本一政、武田洋幸、弥益恭
    ゼブラフィッシュ胚発生における Class V POU転写因子の多様な機能
    日本動物学会第81回大会(2010年9月)
  • 塚原伸治
    げっ歯類における性的二型核の形成と性ステロイドの役割
    日本動物学会第81回大会 シンポジウム講演(2010年9月)
  • 中本アンドルー、岡本俊、田井美也子、齊藤慎二、カーン アラム、竹本一政、武田洋幸、弥益恭
    ゼブラフィッシュ胚発生におけるクラスV型POU転写因子Pou2/Pou5f1の時期特異的かつ多様な制御機能
    第16回小型魚類研究会(2010年9月)
  • 竹本一政、中本アンドルー、齊藤慎二、磯部大貴、弥益恭
    ゼブラフィッシュClass V POU転写因子による脳形成制御機構
    第16回小型魚類研究会(2010年9月) 
  • 黒栁友里、中村理恵子、西野佳奈江、天海創、志村恭平、弥益恭
    ゼブラフィッシュ胚における前方神経境界(ANB/ANR)特異的転写調節機構
    第16回小型魚類研究会(2010年9月)
  • 橋本輝、畠山晋田中秀逸
    δリアーゼ依存的塩基除去修復のin vivoでの役割 
    日本遺伝学会第82回大会(2010年9月)
  • 船山純子、村上知行、畠山晋田中秀逸
    アカパンカビにおけるDNA組み込み様式の解析 
    日本遺伝学会第82回大会(2010年9月)
  • 金子緑 、小松憲治、Khaleda Akter、坂田洋一、 石崎公庸、大和勝幸、 河内孝之、竹澤大輔
    苔類ゼニゴケにおけるアブシジン酸応答性遺伝子発現の解析
    日本植物学会第74回大会(2010年9月)
  • 矢羽田正人、竹澤大輔
    カルシウムがヒメツリガネゴケ原糸体細胞のストレス応答に与える影響
    日本植物学会第74回大会(2010年9月)
  • 竹澤大輔
    苔類の休眠とストレス応答におけるアブシジン酸の役割
    日本植物学会第74回大会(2010年9月)
  • Win-Shwe TT, Tsukahara S and Fujimaki H
    Developmental neuroimmunotoxicity: changes in the expression of neuroimmune markers in the hippocampus of infant mice following early life toluene exposure.
    Neuro2010(第33回日本神経科学大会)(2010年9月)
  • Tsukahara S
    Involvement of postnatal apoptosis and effects of developmental chemical exposure on SDN-POA formation in rats
    Neuro2010(第33回日本神経科学大会)シンポジウム講演(2010年9月)
  • 井上麻紀子、檜垣佑理子、髙木宏泰、坂井貴文
    下垂体隆起部の起源を考える―下垂体隆起部が下垂体主部とは異なる起源を持つ可能性について―
    第25回 下垂体研究会学術集会(2010年8月)
  • Kuroyanagi Y, Nakamura R, Nishino K, Kon Y, Amagai S and Yamasu K
    Transcroptional regulatory mechanism underlying the formation of the anterior neural boundary (ANB/ANR) in vertebrate embryos
    第43回日本発生生物学会(2010年6月)
  • Nakamoto A, Okamoto S, Tai M, Saito S, Isobe D, Takemoto K, Takeda H and Yamasu K
    Pleiotropic functions of a Class V POU transcription factor Pou2/Pou5f1 in patterning of the body and brain in zebrafish embryos revealed by the transgenic approach
    第43回日本発生生物学会(2010年6月)
  • Bhyan SB, Tougane K and Takezawa D
    Stress tolerance in ABA-insensitive mutant and transgenic lines of the moss Physcomitrella patens 
    第55回低温生物工学会大会(2010年6月)
  • Akter K, Tougane K, Kaneko M and Takezawa D
    Effect of sugar and abscisic acid on freezing and desiccation tolerance in the liverwort Marchantia polymorpha
    第55回低温生物工学会大会(2010年6月)
  • 竹澤大輔
    コケ植物の凍結・脱水耐性とストレスホルモンの役割
    第55回低温生物工学会大会 セミナ-(2010年6月)
  • 平塚直樹、森安裕二
    ショ糖飢餓条件下に置かれたタバコ培養細胞BY-2で起こるリン脂質分解
    第51回日本植物生理学会年会(2010年3月)  
  • 田野智也、東金賢、矢羽田正人、竹澤大輔森安裕二
    ヒメツリガネゴケATG5遺伝子破壊株を用いたオートファジーの機能解析
    第51回日本植物生理学会年会(2010年3月)
  • 菅原旭美、末光隆志
    ヨツアナカシパン幼生における甲状腺ホルモン受容体遺伝子の研究 
    日本動物学会関東支部第62回大会(2010年3月)
  • 加藤直樹、末光隆志
    ウニにおけるドーパミン受容体D1の局在性と発現時期の研究
    日本動物学会関東支部第62回大会(2010年3月)
  • 坂井貴文、謝祚云、石田祐子、坂原聖士、川本陽一、Mondal Anupom、鈴木愛理
    スンクス(Suncus murinus)におけるグレリンの胃収縮刺激効果の検討
    第18回群馬消化管運動研究会(2010年2月)
このページのトップへ このページのトップへ