埼玉大学 生体制御学科 / 生体制御学コース

お問い合わせENGLISH

研究業績

2009年

国際学会                          * 下線は生体制御学コースの教員

  • Xie Z., Koike K., Sakahara S., Ishida Y., Hoshino S., Tsutsui C., Kaiya H., Takahashi T., Oda S., and Sakai T.
    Proposal of a new model animal, musk shrew (Suncus murinus), for study of the ghrelin/motilin family-stimulatory effect of ghrelin on gastric contraction in IMC
    2009 International Symposium on Ghrelin
  • Sakahara S., Tsutsui C., Yanaka T., Ishida Y., Koike K., Xie Z., Suzuki A., Takahashi T., Hirata T., and Sakai T..
    Establishment of a new model animal, theS house musk shrew(Suncus murinus), for study of precise mechanisms of motilin-induced gastrointestinal contractions in vivo and in vitro.
    Neurogastroenterology and Motility
  • Mochiduki A., Takeda T., Kaga S., Devnath S., and Inoue K.
    Effects of Prolactin-Releasing Peptide(PrRP)on metabolism
    The Endocrine Society’s 91th Annual Meeting
  • Tanaka, H., Hatanaka, R., Kunitake, H., and Sugawara, Y.
    Development of desiccation tolerance in cultured cells of Citrus sinensis.
    CRYO 2009
  • Hatanaka, R. and Sugawara, Y.
    Stability of cell survival during long-term preservation in cultured cells of   Marchantia polymorpha vitrified at ambient temperatures.
    CRYO 2009
  • Hatanaka, R., Furuki, T., Takezawa, D., Kikawada, T., Okuda, T., Sakurai, M., and Sugawara, Y.
    Identification and characterization of a liverwort Marchantia polymorpha group 3 LEA protein.
    3rd International Symposium on the Environmental Physiology of Ectotherms and Plants
  • Sugawara, Y. and Hatanaka, R.
    Vitrification of suspension-cultured cells of Marchantia polymorpha.
    6th International Discussion Meeting on Relaxations in Complex Systems
  • Nakano M., Minagawa A., Hasunuma H., Okada O., Tonon M.C., Vaudry H., Yamamoto K., Kikuyama S., Machida T., and Kobayashi T.
    D2 Dopamine receptor subtype mediates the inhibitory effect of dopamine on TRH-induced prolactin release from the bullfrog pituitary.
    6th International Symposium on Amphibian and Reptilian Endocrinology and Neurobiology.
  • Furudate, H., Ikumi, N., Sato, C., Oba, K., Hoshino, M., Sekiguchi, T., Machida, T., Phillips, A.G., Matsumoto, G., and Kimura, T.
    Contributions of the nucleus accumbens shell and core to spontaneous action-pattern switching in reward-seeking behavior of rats
    39th Annual Meeting of the Society for Neuroscience
  • Yamasu, K.
    Regulatory mechanism of the fgf8 gene expression and its implication in vertebrate evolution.
    The 4th Asia-Oceania Zebrafish Meeting
  • Inoue, F., Kurokawa, D., Takasaki, N., Ohmura, T., Yamasu, K. and Aizawa, S.
    Molecular mechanism of transcriptional regulation of Otx2 gene in the forebrain and midbrain
    16th International Society of Developmental Biologists Congress 2009
  • Bhyan, S.B., Tougane, K., Komatsu, K., Sakata, Y., Ishizaki, K., Yamato, K. T., Kohchi, T. and Takezawa, D.
    “Protein phosphatase 2C-regulated ABA signaling processes leading to freezing tolerance in bryophytes”
    CRYO2009, 46th Annual Meeting of the Society for Cryobiology.
  • Tanaka, S., Kikuno, Y., Oshiro, H., Hatakeyama, S. and Inoue, H.
    Activation of apoptotic cascade in response to DNA damaage in  N. crassa.
    25th Fungal Genetics conference
  • Wakabayashi M., Inoue H., and Tanaka S.
    Genetic analysis of CHK1 and CHK2 homologue revealed a unique cross talk between ATM and ATR pathways in Neurospora crassa.
    25th Fungal Genetics conference
  • Ma L.Q., Wakabayashi M., Urio M., Hatakeyama S., Tanaka S., and Inoue H.
    Carbon-ion beam sensitivity of DSB repair-deficient mutants of N. crassa.
    25th Fungal Genetics conference

 

国内学会

  • 井上麻紀子、王睿、高木宏泰、坂井貴文
    ニワトリ胚における腺性下垂体の起源
    第34回鳥類内分泌研究会
  • 石田祐子鈴木愛理筒井千尋小池加奈子星野賢哉坂井貴文
    スンクスグレリン受容体とモチリン受容体の同定および発現組織の検討
    第34回日本比較内分泌学会大会・日本比較生理学会第31回大会合同大会
  • 坂井貴文、坂原聖士、謝祚云、筒井千尋、高橋徳、織田銑一、伊藤漸
    消化管運動研究のためのスンクス(Suncus murinus)実験系の確立
    11回 日本神経消化器病学会
  • 坂原聖士謝祚云筒井千尋織田銑一伊藤漸坂井貴文
    スンクス(Suncus murinus)を用いた空腹期胃運動の研究
    日本動物学会 第80回大会
  • 井上麻紀子、髙木宏泰、椎名智也、坂井貴文
    ニワトリ胚下垂体における隆起部の形態形成と水晶体への分化能について
    日本動物学会 第80回大会
  • 望月明和、加賀重人、徐枝芳、井上金治
    PrRP(Prolactin-Releasing Peptide)の糖代謝制御に関する研究
    第36回 日本神経内分泌学会
  • 望月明和、山本ゆき、成島悦雄、片柳雅之、浜夏樹、関和也、小宮輝之、橋崎文隆、横島雅一、椎名修、毛利靖、井上金治、渡辺元、田谷一善
    雌ゾウのプロラクチン分泌に関する研究
    15回日本野生動物医学会大会
  • 加賀重仁、徐枝芳、望月明和、足立明人井上金治
    ラット脳内におけるmetastin神経の形態学的解析
    24回 下垂体研究学術集会
  • 園部由紀子、大砂まるみ、井上金治
    下垂体前葉濾胞星状細胞の内分泌細胞への分化能
    24回 下垂体研究学術集会
  • 大砂まるみ、園部由紀子、井上金治
    下垂体と脳におけるS100b陽性細胞の骨格筋細胞への分化
    24回 下垂体研究学術集会
  • 井上金治
    下垂体前葉細胞の分化と、ホルモン分泌の制御機構―研究の展望
    24回 下垂体研究学術集会記念講演
  • 井上金治、望月明和
    プロラクチン放出ペプチド(PrRP)の生理学的機能
    第27回 内分泌代謝学サマーセミナー 
  • 望月明和、加賀重人、徐枝芳、井上金治
    エネルギー代謝に対するプロラクチン放出ペプチド(PrRP)の生理作用
    第27回 内分泌代謝学サマーセミナー 
  • 大砂まるみ、園部由紀子、板倉英祐、Sukumar Devnath井上金治
    下垂体前葉濾胞星状細胞の特異な分化能について
    第27回 内分泌代謝学サマーセミナー 
  • 上野真吾、坂井貴文
    進化工学的手法によるGPCR結合ペプチドリガンドの取得
    第8回 国際バイオEXPO
  • 楠田美枝、井上金治
    プロテオーム解析による新規生理活性物質の探索
    第8回 国際バイオEXPO
  • 園部由紀子、大砂まるみ、板倉英佑、井上金治
    下垂体前葉星状細胞の分化能に関する研究
    第82回 日本内分泌学会学術総会
  • 望月明和、武田卓也、井上金治
    Prolactin-Releasing Peptide(PrRP)のエネルギー代謝調節における機能解析
    第82回 日本内分泌学会学術総会
  • 小池加奈子、池本一人、坂原聖士、坂井貴文
    エレクトロスプレーによるラットへのインスリン導入法の開発
    第129回 日本薬学会
  • 髙木宏泰、井上麻紀子、大迫政人、椎名智也、坂井貴文
    Shhが抑制されたニワトリ初期胚において、隆起部原基から異所性の水晶体が形成される
    第61回 日本動物学会関東支部大会
  • 井上麻紀子、髙木宏泰、長島景子、坂井貴文
    ニワトリ胚発生期における下垂体隆起部の形態形成とその特性
    第61回 日本動物学会関東支部大会
  • 加賀重仁、望月明和、武田卓也、井上金治
    ラット脳内におけるmetastin神経の形態学的解析
    第61回 日本動物学会関東支部大会
  • 椎名智也、髙木宏泰、井上麻紀子、大迫政人、坂井貴文
    ニワトリ下垂体初期発生におけるδ-crystallin mRNA発現細胞の解析
    第61回 日本動物学会関東支部大会
  • 小池加奈子、滝鉱平、坂原聖士、石田祐子、筒井千尋、坂井貴文
    発生期スンクス(Suncus murinus)のモチリンファミリーの細胞密度とmRNA発現の変化
    第61回 日本動物学会関東支部大会
  • 坂井貴文
    In vivoモチリン作用機序の解明における食虫目スンクスの有用性
    第17回 群馬消化管運動研究会
  • 筒井千尋、谷中崇嗣、坂井貴文
    壁内神経叢を介したモチリン誘導スンクス(Suncus murinus)胃収縮機構の検討
    第17回 群馬消化管運動研究会
  • 井上金治
    下垂体前葉細胞の増殖と分化の新たな展開
    第19回 日本間脳下垂体腫瘍学会
  • 菅原康剛、畑中理恵、田中寛子
    常温でガラス化されたゼニゴケ培養細胞の5℃で5年間の長期保存
    第27回日本植物細胞分子生物学会大会・シンポジウム
  • 田口雄亮、溝畑祐亮、間舘一憲、町田武生小林哲也
    成長遅延症(grt)マウス膵島におけるTPST2の発現
    日本動物学会第80回大会
  • 岩室祥一、小林哲也、菊山榮
    Sequence capture 法に基づく両生類抗菌ペプチド遺伝子の効率的なクローニング法
    日本動物学会第80回大会
  • 中野真樹、蓮沼至、岡田令子、山本和俊、菊山榮、町田武生小林哲也
    ウシガエル幼生下垂体前葉におけるプロラクチン分泌調節因子受容体mRNAの発現解析
    日本動物学会第80回大会
  • 田口雄亮、溝畑祐亮、間舘一憲、町田武生小林哲也
    成長遅延症(grt)マウス膵島におけるTPST2の発現
    34回日本比較内分泌学会大会・日本比較生理生化学会第31回大会 合同大会
  • 奥村和男、椿卓、小林哲也、持田 弘、菊山 榮、岩室祥一
    鳥類免疫器官由来培養細胞における抗菌ペプチド遺伝子の発現
    34回日本比較内分泌学会大会・日本比較生理生化学会第31回大会 合同大会
  • 鈴木研太、山田裕子、小林哲也、岡ノ谷一夫
    鳴禽類の家禽化による内分泌環境と歌形質の変化
    34回日本比較内分泌学会大会・日本比較生理生化学会第31回大会 合同大会
  • 鈴木研太、山田裕子、小林哲也、岡ノ谷一夫
    鳥類の家禽化によるオスの歌形質と内分泌環境の変化:コシジロキンパラとジュウシマツによる検討
    34回鳥類内分泌研究会
  • 鈴木研太、山田裕子、小林哲也、岡ノ谷一夫
    ジュウシマツおよびコシジロキンパラにおける糞中ステロイドホルモンの測定
    動物行動学会第28回大会
  • 古舘宏之,伊久美直里,佐藤千佳,大場健太郎,町田武,Anthony Phillips,松本元,木村哲也
    学習された行動最適化における側坐核コアおよびシェル領域の役割
    日本動物学会80回大会 
  • 佐藤千佳,木村哲也,町田武生小林哲也古舘宏之
    行動最適化学習に対する側坐核コア領域破壊の影響
    日本動物学会80回大会 
  • 宇賀神明香、田口雄亮、古舘宏之小林哲也町田武生
    成長遅延症マウスにおける免疫能および造血能の解析
    日本動物学会関東支部大会 
  • Kuroyanagi, Y., Nakamura, R., Nishino, K., Kon, Y., Amagai, S. and Yamasu, K. 
    Molecular mechanism for the formation of the anterior neural boundary (ANB/ANR) in vertebrate embryos.
    第32回日本分子生物学会年会
  • Nakayama, Y., Kanai, M., Kikuta, H. and Yamasu, K.
    Transformation of the midbrain to the cerebellum by overexpression of a modified gbx2 gene.
    本発生生物学会第42回大会
  • 中山由紀子、金井麻衣子、菊田寛、弥益恭
    小脳形成を制御するGbx2内機能配列の発見
    日本動物学会関東支部第61回 大会
  • 吉村麻美、川村哲規二階堂昌孝、山田浩二、新井恒、弥益恭
    咽頭弓を中心に頭部に異常を示すゼブラフィッシュ突然変異体の解析
    日本動物学会関東支部第61回 大会
  • 弥益
    脊椎動物の脳の進化とエンハンサー
    2009 NIG Zebrafish Meeting
  • 中山由紀子、金井麻衣子、菊田寛、弥益恭
    Gbx2転写因子における小脳形成制御領域
    2009 NIG Zebrafish Meeting
  • 東金賢、小松憲治、Salma-Begum Bhyan, 坂田洋一、石崎公庸、大和勝幸、河内孝之、竹澤大輔
    苔類ゼニゴケにおけるABI1様プロテインホスファターゼの機能解析
    日本植物学会第73回大会
  • 東金賢、小松憲治、Salma-Begum Bhyan、坂田洋一、石崎公庸、大和勝幸、河内孝之、竹澤大輔
    プロテインホスファターゼ2Cによる苔類アブシジン酸応答の制御
    第51回日本植物生理学会年会
  • 岩崎良輔、森安裕二
    ショ糖飢餓条件下に置かれたタバコ培養細胞が起こすrRNA分解
    第50回日本植物生理学会年会
  • 森安裕二、伊藤修、岩崎良輔、田野智也、平塚直樹
    ショ糖飢餓条件下に置かれたタバコ培養におけるオートファジーの誘導と停止
    日本植物学会第73回大会
  • 田中秀逸
    アカパンカビにおける遺伝子改変技術の現状
    日本遺伝学会第81回大会
  • 若林道香、西城伸之、畠山晋井上弘一田中秀逸
    イオンビーム照射によるDNA修復様式の解析
    日本遺伝学会第81回大会
  • 若林道香、西城伸之、畠山晋井上弘一田中秀逸
    アカパンカビのゲノム安定化に関わる2つの機構
    日本遺伝学会第81回大会
  • 橋本輝、畠山晋井上弘一田中秀逸
    アルキル化損傷の修復におけるアカパンカビpnk遺伝子の働き
    日本遺伝学会第81回大会
  • 倉島公憲、加藤晃弘、澤田理、畠山晋、Michael Chae、田中秀逸井上弘一
    アカパンカビ新規F-boxタンパク質MUS-10の欠損はミトコンドリア形態異常と短寿命を導く
    第9回日本ミトコンドリア学会年会
  • 石田泰広、田中 秀逸畠山晋
    アカパンカビにおける異種プロモーターの発現解析
    第9回糸状菌分子生物学コンファレンス
  • 倉島公憲、加藤晃弘、澤田 理、畠山晋、Michael Chae、田中秀逸井上弘一
    The novel F-box protein, MUS-10, regulates mitochondrial morphology, preventing instability of mtDNA and senescence in Neurospora crassa
    第32回日本分子生物学会年会
このページのトップへ このページのトップへ