埼玉大学 生体制御学科 / 生体制御学コース

お問い合わせENGLISH

研究業績

2008年

国際学会                          * 下線は生体制御学コースの教員

  • Takagi H, Nagashima K, Inoue M, Kagechika H, Adachi A and Sakai T
    Expression of RALDH and function of retinoic acid in the chicken embryonic pituitary gland.

    The Endocrine Society’s 90th Annual Meeting (June 2008, San Francisco, California)
  • Tsutsui C, Kajihara K, Yanaka T, Hirata T, Oda S-I, Akiya M, Adachi A and Sakai T
    
Determination of motilin gene and its tissue distribution in musk shrews (Suncus murinus, Order Insectivore).

    The Endocrine Society’s 90th Annual Meeting (June 2008, San Francisco, California)
  • Devnath S, Fukuro H, Miura K, Kataoka T, Kumada Y, Itakura E, Odaira K, Yokoyama K, Osuna M, Mogi C, Kitamura K, Kusuda M and Inoue K
    Cell growth regulatory 11(cgr11) gene codes novel secretory protein, Somatogenin.

    The Endocrine Society’s 90th Annual Meeting (June 2008, San Francisco, California)
  • Mochiduki A, Yamada T, Takeda T, Suzuki Y, Itoi K and Inoue K
    
Physiological effects of Prolactin-Releasing Peptide (PrRP) on blood pressure and immune reaction.

    The Endocrine Society’s 90th Annual Meeting (June 2008, San Francisco, California)
  • Inoue M, Takagi H, Nagashima K, Kawashima A and Sakai T
    
The embryonic chicken pituitary pars tuberalis expression high levels of α-GSU mRNA.

    The Endocrine Society’s 90th Annual Meeting (June 2008, San Francisco, California)
  • Yanaka T, Sakata I, Zheng Z, Tsutsui C, Koike K and Sakai T
    
Postnatal changes of ghrelin, aromatase and leptin mRNA expression in the rat stomach.

    The Endocrine Society’s 90th Annual Meeting (June 2008, San Francisco, California)
  • Sakahara S, Ishida Y, Kaiya H, Tsutsui C, Oda S-I, Tanaka T and Sakai T
    Identification of gastric ghrelin, and distribution of ghrelin-producing cells in the Suncus murinus.

    The Endocrine Society’s 90th Annual Meeting (June 2008, San Francisco, California)
  • Sonobe Y, Odaira K, Osuna M, Itakura E, Yokoyama K, Devnath S and Inoue K
    Biological significance of folliculo-stellate cell in the anterior pituitary gland.
    
The Endocrine Society’s 90th Annual Meeting (June 2008, San Francisco, California)
  • Sakai T and Zheng Z.
    
Characteristic features of gherelin cells in the gastrointestinal tract and the regulation of stomach ghrelin expression and production.

    The 9th Neruropeptide Y International Meeting (March 2008, Okinawa, Japan)
  • Inoue F, Parvin M.S and Yamasu K
    Transcriptional regulation of fgf8 at the midbrain-hindbrain boundary is conserved during vertebrate evolution.
    
The 16th CDB Meeting('Cis-sequence regulation and its evolution' )(2008, Kobe, Japan)
  • Sayama H, Hatanaka R and Sugawara Y
    Desiccation tolerance of protoplasts isolated from cultured cells of Marchantia polymorpha.
    
Plant Biology 2008
  • Hatanaka R and Sugawara Y
    
Development of desiccation tolerance and vitrification in cultured cells of Marchantia polymorpha.

    45th Annual Meeting of the Society for Cryobiology (July 2008, Charlotte, North Carolina)
  • Kobayashi T, Takaso A, Tanaka S, Amano M, Takahashi A, Iwamuro S and Machida T
    Identification of des-acetyl-alpha-melanocyte-stimulating hormone in the quail bursa of Fabricius.

    The 24th Conference of European Comparative Endocrinologists (2008, Genova, Italy)

国内学会

  • 坂原聖士、謝作云、筒井千尋、織田銑一、坂井貴文
    食虫目スンクスはin vivoのモチリン研究において有用な新規モデル動物である
第33回日本比較内分泌学会大会及びシンポジウム(2008年12月)
  • 井上麻紀子、髙木宏泰、長島景子、椎名智也、坂井貴文
    ニワトリ胚下垂体隆起部の研究
    
第33回日本比較内分泌学会大会及びシンポジウム(2008年12月)
  • 谷中崇嗣、筒井千尋、織田銑一、坂井貴文
    
In vitroにおけるモチリンによるスンクス胃収縮作用機構の解明

    第33回日本比較内分泌学会大会及びシンポジウム(2008年12月)
  • 小池加奈子、坂原聖士、筒井千尋、織田銑一、坂井貴文
    発生期スンクス(Suncus murinus)十二指腸におけるモチリンmRNA発現量及び免疫陽性細胞数の検討

    第33回日本比較内分泌学会大会及びシンポジウム(2008年12月)
  • 髙木宏泰 

    ニワトリ胚における初期下垂体発生機構

    第33回鳥類内分泌研究会 シンポジウム(2008年11月)
  • 坂井貴文、筒井千尋、坂原聖士、石田祐子、海谷啓之、織田銑一 

    モチリン‐グレリンファミリー研究のためのモデル動物スンクス(Suncus murinus)の提案

    第7回日本Neurograstrogenterology(神経消化器病)学会(2008年9月)
  • 筒井千尋、谷中崇嗣、坂原聖士、小池加奈子、織田銑一、高橋徳、伊藤漸、坂井貴文
    スンクス(Suncus murinus)モチリンの発現分布と消化管運動に対する生理作用の検討
    
第7回日本Neurograstrogenterology(神経消化器病)学会(2008年9月)
  • 井上金治
    下垂体濾胞星状細胞の存在意義

    第12回内分泌病理学会 特別企画(2008年7月)
  • 筒井千尋、谷中崇嗣、小池加奈子、伊藤漸、織田銑一、坂井貴文
    
モチリン研究のためのモデル動物としてのスンクスSuncus murinusの提唱
日本  
    第79回日本動物学会(2008年9月)
  • 石田祐子、坂原聖士、筒井千尋、伊藤漸、織田銑一、坂井貴文
    食虫目スンクス(Suncus murinus)におけるグレリンの同定と特徴

    第79回日本動物学会(2008年9月)
  • 髙木宏泰、長島景子、大迫政人、坂井貴文
    
ニワトリ胚下垂体発生におけるレチノイン酸の作用の解明

    第35回日本神経内分泌学会 第23回日本下垂体研究会合同学術集会(2008年8月)
  • 井上麻紀子、髙木宏泰、長島景子、椎名智也、川島晃、坂井貴文
    ニワトリ胚下垂体隆起部の研究―形態形成と構成細胞の性質について

    第35回日本神経内分泌学会 第23回日本下垂体研究会合同学術集会(2008年8月)
  • 望月明和

    Prolactin-Releasing Peptide(PrRP)の生理機能の解明

    第35回日本神経内分泌学会 第23回日本下垂体研究会合同学術集会若手企画シンポジウム(2008年8月)
  • 坂井貴文
    モチリン/グレリン研究へのスンクスの利用
    
軽井沢セミナー 教育講演
  • 園部由紀子、大平公亮、大砂まるみ、板倉英祐、横山孝太朗、井上金治
    下垂体前葉濾胞星状細胞の機能 

    第81回日本内分泌学会 学術総会(2008年5月)
  • 望月明和、山田倫、井樋慶一、井上金治
    プロラクチン放出ペプチド(PrRP)の心血管系への作用 

    第81回日本内分泌学会 学術総会(2008年5月)
  • 武田卓也、望月明和、井上金治
    細胞性免疫に対するプロラクチン放出ペプチド(PrRP)の生理機能の解析
    
第81回日本内分泌学会 学術総会(2008年8月)
  • 井上金治
    下垂体前葉の細胞学、研究の課題と展望
    
第81回日本内分泌学会 学術総会 教育講演(2008年8月)
  • 武田卓也、望月明和、山田倫、井上金治
    プロラクチン放出ペプチドの新規生理作用 

    第5回GPCR研究会 シンポジウム(2008年5月)
  • 小池加奈子、池本一人、大久保佑亮、坂井貴文
    エレクトロスプレーによる遺伝子導入法の開発 

    日本化学会第88春季年会(2008年3月)
  • 坂井貴文、筒井千尋、梶原貴恵、坂原聖士、石田祐子、海谷啓之、織田銑一
    
スンクス(Suncus murinus)におけるモチリンおよびグレリン遺伝子の同定
    
第16回群馬消化管運動研究会(2008年3月)
  • 筒井千尋、梶原貴恵、谷中崇嗣、坂原聖士、小池加奈子、織田銑一、坂井貴文
    
スンクス(Suncus murinus)モチリンの発現分布と消化管運動に対する影響の検討
    
第16回群馬消化管運動研究会(2008年3月)
  • 菅原康剛
    
植物細胞・組織の低温保存

    第54回低温生物工学会セミナー及び年会(2008年6月)
  • 畑中理恵、佐山秀明、菅原康剛
    ゼニゴケプロトプラストの乾燥耐性

    第54回低温生物工学会セミナー及び年会(2008年3月)
  • 畑中理恵、菅原康剛
    ゼニゴケプロトプラストの乾燥耐性増大における細胞学的解析

    第26回日本植物細胞分子生物学会大会・シンポジウム(2008年9月)
  • 田中寛子、畑中理恵、國武久登、菅原康剛
    
柑橘類培養細胞のガラス化保存
    
第26回日本植物細胞分子生物学会大会・シンポジウム(2008年9月)
  • 菅原康剛、畑中理恵、田中寛子
    
常温でガラス化された植物培養細胞の長期保存 

    第22回日本宇宙生物科学会 (2008年9月)
  • 古舘宏之, 和泉直子, 関口達彦, 木村哲也, 町田武生
    ラットの行動モード切り替えにともなう海馬場所ニューロン活動の変化

    第79回日本動物学会(2008年9月)
  • 柴加奈子、町田武生、内田さえ、堀田晴美
    
ラットにおける嗅球血流の交感神経性調節とその加齢変化 

    第85回日本生理学会大会(2008年3月)
  • 中野真樹、蓮沼至、岡田令子、山本和俊、菊山榮、小林哲也町田武生
    
ドーパミンによる両生類プロラクチンの分泌調節機構の解析 

    第60回日本動物学会関東支部大会(2008年3月)
  • 和泉直子、古舘宏之、関口達彦、木村哲也、町田武生
    ラットの行動モード変化にともなう海馬ニューロン活動の特異的発現
    
第60回日本動物学会関東支部大会(2008年3月)
  • 桑原いく、末光隆志
    ヨツアナカシパンのドーパミン受容体D1の解析 

    第79回日本動物学会(2008年9月)
  • 加藤直樹
    
ウニにおけるドーパミン受容体D1の 局在性と発現時期の研究 

    第79回日本動物学会(2008年9月)
  • 菅原旭美 

    ウニ幼生における甲状腺ホルモン受容体遺伝子の研究 

    第79回日本動物学会(2008年9月)
  • 弥益恭
    脊椎動物の脳発生を制御するシグナルセンターの形成機構 

    埼玉バイオシンポジウム「埼玉圏央エリアの脳科学」
  • 太田聡、藤森典子、弥益恭
    Fgf8サブファミ リー成長因子の初期発生における機能:改変FGF受容体を用いたアプローチ
    
第31回日本分子生物学会年 会・第81回日本生化学会大会(2008年12月)
  • 中山由紀子、金井麻衣子、菊田寛、弥益恭
    ゼブラフィッシュ初期胚発生における脳領域化とGbx2転写因子のドメイン構造 

    第31回日本分子生物学会年 会・第81回日本生化学会大会(2008年12月)
  • 吉村麻美、川村哲規、二階堂昌孝、山田浩二、新井恒、弥益恭
    頭部構造及び逃避反応に異常を示すゼブラフィッシュ突然変異体aa6kの解析 
第31回日本分子生物学会年 会・第81回日本生化学会大会(2008年12月)
  • 中山由紀子、菊田寛、金井麻衣子、弥益恭
    ゼブラフィッシュ脳形成におけるGbx2転写因子の作用機構 

    第79回日本動物学会(2008年9月)
  • Ota S, Tonou-Fujimori N and Yamasu K.
    
The Roles of the FGF Signal in Zebrafish Embryos Analyzed Using Constitutive Activation and Dominantnegative Suppression of Different FGF Receptors.

    第14回小型魚類研究会(2008年9月)
  • Nakayama Y, Kikuta H, Kanai M and Yamasu K.
    Molecular Mechanism of the Function of the Gbx2 Transcription Factor in the Zebrafish Brain Development.
    
第14回小型魚類研究会(2008年9月)
  • Yoshimura M, Kawamura A, Nikaido M, Yamada K, Arai H and Yamasu K.
    
Analysis of the zebrafish mutant with defects in the head structure and escape response.

    第14回小型魚類研究会(2008年9月)
  • Parvin M.S, Okuyama N, Inoue F, Islam M.E, Kawakami A, Takeda H and Yamasu K.
    
Transcriptional regulation of the zebrafish class V POU gene, pou2, in the midbrain-hindbrain region during early development.

    第41回日本発生生物学会 (2008年5月)
  • 森安裕二
    ショ糖飢餓条件下におかれたタバコ培養細胞でおこる生体膜の輸送と分解 

    第49回日本植物生理学会(2008年3月)
  • 若林道香、井上弘一田中秀逸
    2つのアカパンカビCHK2ホモログの異なる役割
    
第80回日本遺伝学会(2008年9月)
  • 畠山晋、稲森厚子、横山美佳、韓云霞、田中秀逸井上弘一
    アカパンカビmus-16遺伝子は出芽酵母Rtt109ホモログをコードする
    
第80回日本遺伝学会(2008年9月)
  • 倉島公憲、加藤晃弘、澤田理、畠山晋田中秀逸井上弘一
    アカパンカビの早期細胞死の原因遺伝子はF-boxタンパク質をコードしている 

    第80回日本遺伝学会(2008年9月)
  • 若林道香、井上弘一田中秀逸
    
アカパンカビ 9-1-1 複合体の複製チェックポイントにおける働き 

    第31回日本分子生物学会年会、第81回日本生化学会大会合同大会(2008年12月)
  • 菊野雄二、畠山晋井上弘一田中秀逸
    アカパンカビにおけるアポトーシス関連遺伝子の解析
    
第31回日本分子生物学会年会、第81回日本生化学会大会合同大会(2008年12月)
  • 大城 博、菊野 雄二、井上 弘一田中秀逸
    アカパンカビにおけるアポトーシス誘導因子 AIF の機能解析
    
第31回日本分子生物学会年会、第81回日本生化学会大会合同大会(2008年12月)
  • 志村喜一、田中秀逸畠山晋井上弘一
    アカパンカビにおけるMGMTホモログの解析 

    第31回日本分子生物学会年会、第81回日本生化学会大会合同大会(2008年12月)