埼玉大学 生体制御学科 / 生体制御学コース

お問い合わせENGLISH

研究業績

2011年

原著論文                          * 下線は生体制御学コースの教員

 

    Proceedings

  • Akter K, Tougane K, Kaneko M and Takezawa D
    Effect of sugar and abscisic acid on freezing tolerance and desiccation tolerance in the liverwort Marchantia polymorpha.
    Cryobiol Cryotechnol. 57(1):83-86. (2011)

    著書

  • Sakata I and Sakai T
    The Gut Peptide Hormoone Family, Motilin and Ghrelin. In: Aimaretti G, Marzullo P, Prodam F editors.
    Update on Mechanisms of Hormone Action - Focus on Metabolism, Growth and Reproduction.
    INTECH, Croatia. pp. 1-14. (2011)

 

    日本語総説

  • 小池加奈子、坂田一郎、坂井貴文
    消化管運動研究のモデル動物としてのスンクス -モチリン・グレリンの同定と消化管収縮作用-.
    比較内分泌学. 37(142):154-160. (2011).
このページのトップへ このページのトップへ