埼玉大学 生体制御学科 / 生体制御学コース

お問い合わせENGLISH

研究業績

2010年

原著論文                          * 下線は生体制御学コースの教員

 

    REPORT

  • Ma L.Q., Tanaka S., Inoue H., Kazama Y., Nishihara K., Hirano T., Abe T., and Hatakeyama S.
    Comparison of carbon-ion beam-induced mutations in Neurospora crassa DSB repair deficient mutants.
    RIKEN Accel.Prog.Rep.43 (in press)

 

    著書

  • 塚原伸治
    哺乳類の性分化(4章)「脳とホルモンの行動学―行動神経内分泌学への招待-」
    西村書店、東京、37-48、2010.

 

    日本語総説

  • 塚原伸治、中島大介、藤巻秀和
    脳の性分化におよぼす発達期トルエン曝露の影響と作用機序.
    室内環境、13, 1, 1-8, 2010.(総説、査読有り)

 

このページのトップへ このページのトップへ