埼玉大学 生体制御学科 / 生体制御学コース

お問い合わせENGLISH

研究業績

2018年

国際学会                          * 下線は生体制御学コースの教員

国内学会

  • Shaliman D, Sakaida H, Atsuzawa K, Sakata I and Sakai T
    Study of glycoprotein hormone-producing cells in the pars tuberalis of Suncus murinus
    日本動物学会関東支部 第70回大会、上智大学(東京都千代田区)、2018年3月21日
  • 江幡 奏美、赤間 燿、田港 朝仁、弥益 恭川村 哲規
    ゼブラフィッシュ変異体を用いた肋骨形成機構の解析
    第70回 日本動物学会 関東支部大会 (2018年3月21日、東京)
  • 伴 博之, 横田 大佑, 乙坂 栞里, 木下 宏史, 藤野 友梨, 矢部 泰二郎, 小原 弘幹, 猪塚 彩花, 赤間 燿, 鹿毛 大地, 弥益 恭, 高田 慎治, 川村 哲規
    ゼブラフィッシュ未分節中胚葉におけるtbx6遺伝子の転写制御機構の解析
    第70回 日本動物学会 関東支部大会 (2018年3月21日、東京)
  • Maekawa F, Nagano K, Yang J, Htike NTT, Tsukahara S, Ubuka T, Tsutsui K and Kawashima T
    Investigation of gene expressions related to aggression in quail diencephalon.
    The 95rd Annual Meeting of the Physiological Society of Japan(第95回日本生理学会大会)、高松、2018年3月28日.
  • Ohata R and Tsukahara S
    Sex difference in neuronal activity of the ventral part of the principal nucleus of the bed nucleus of the stria terminalis (BNSTpv) in parent mice.
    The 95rd Annual Meeting of the Physiological Society of Japan(第95回日本生理学会大会)、高松、2018年3月28日.
  • Morishita M, Maejima S and Tsukahara S
    Identification of a female-biased sexually dimorphic region in a male-biased sexually dimorphic nucleus of mice and roles of neonatal testicular testosterone in sexually dimorphic formation.
    The 95rd Annual Meeting of the Physiological Society of Japan(第95回日本生理学会大会)、高松、2018年3月28-30日.
  • 平出真由佳、石崎優美子, 桑田啓子, 猿橋正史, 坂田洋一, 梅澤泰史, 竹澤大輔
    Raf様プロテインキナーゼARKによるヒメツリガネゴケのアブシジン酸および低温応答の制御
    第59回日本植物生理学会年会  (2018年3月)
  • 講演

  • Tsukahara S
    Formation and function of female-biased sexually dimorphic cell group in male-biased sexually dimorphic nucleus.
    The 95rd Annual Meeting of the Physiological Society of Japan(第95回日本生理学会大会)、高松、2018年3月28日.