埼玉大学 生体制御学科 / 生体制御学コース

お問い合わせENGLISH

研究業績

2017年

国際学会                          * 下線は生体制御学コースの教員

  • Takezawa D, Jahan A, Umezawa T, Sakata Y and Komatsu K  
    Archetypal roles of abscisic acid in vegetative desiccation tolerance and sugar responses revealed by analysis of the PYRABACTIN RESISTANCE1-like protein   
    Renaissance of Marchantia Dec16-18 Okazaki
  • Jahan A, Ghosh TK, Sakata Y, Komatsu K and Takezawa D
    Studies of integrated signaling pathways for ABA and osmotic responses in bryophytes
    Renaissance of Marchantia Dec16-18 Okazaki
  • Saito K, Akida Jahan A, Wakida M, Murai S, Takahashi K and Takezawa D
    Role of the sugar signal in the environmental stress response in plants
    Renaissance of Marchantia Dec16-18 Okazaki
  • Mochizuki H and Takezawa D
    Influence of desiccation treatment on cryopreservation of Marchantia polymorpha
    Renaissance of Marchantia Dec16-18 Okazaki
  • Sakata I, Gong Z, Ikenoya C, Takemi S and Sakai T
    The study of ghrelin secretion and acyl-modification using mice and ghrelinoma cell lines
    International Symposium on Ghrelin and Energy Metabolism Homeostasis
    みやこめっせ(京都府、京都市)、2017年4月22-23日
  • Takemi S, Sakata I, Kuroda K and Sakai T
    The important role of ghrelin on gastric contraction in Suncus murinus International Symposium on Ghrelin and Energy Metabolism Homeostasis
    みやこめっせ(京都府、京都市)、2017年4月22-23日
  • Dudani A, Aizawa S, Mondal A, Sakata  I and Sakai T
    Determination of proximal corpus as the most active and responsive site for motilin- and ghrelin-induced gastric contractions in suncus murinus stomach in vitro
    ANMA & JSNM Joint Meeting 2017, Osaka International Convention Center, Osaka, Japan. 2017年3月23-25日
  • Yokoi T, Kojima Y, Tanaka S and Hatakeyama S
    Neurospora MSH1 protein functions to maintain the mitochondrial DNA
    29th Fungal Genetics Conference 2017 (March 2017, Asilomar, USA)

国内学会

  • 伴 博之、横田大佑、乙坂栞里、木下宏史、藤野友梨、矢部泰二郎、小原弘幹、猪塚彩花、赤間 耀、鹿毛大地、弥益 恭、高田慎治、川村哲規
    予定体節境界を決定するtbx6遺伝子の発現はpositive autoregulatory loopによって制御される
    第7回 宇都宮大学オプトバイオシンポジウム(2017年12月13日、栃木宇都宮)
  • 藤野友梨、菅谷千尋、大岡優子、木下宏史、小原弘幹、弥益 恭、三嶋雄一郎、川村哲規
    ゼブラフィッシュ分節時計におけるhairy関連遺伝子群のmRNA不安定性は異なる
    第7回 宇都宮大学オプトバイオシンポジウム(2017年12月13日、栃木宇都宮)
  • 赤間 燿、猪早敬二、田港朝仁、江幡奏美、藤野友梨、木下宏史、弥益 恭川村哲規
    ゼブラフィッシュ変異体を用いた脊椎骨分節機構の解析 第7回 宇都宮大学オプトバイオシンポジウム(2017年12月13日、栃木宇都宮)
  • 荒木 颯、山田一哉、赤間 燿、江幡奏美、弥益 恭川村哲規
    CRISPR-Cas9を用いたゼブラフィッシュhoxクラスター大規模欠損変異体の作製と解析 第7回 宇都宮大学オプトバイオシンポジウム(2017年12月13日、栃木宇都宮)
  • Ohgane N, Kinoshita H, Fujino Y, Yabe T, Yokota D, Ovara H, Izuka A, Ban H, Kage D, Yamasu K, Takada S and Kawamura A
    Functional roles of the termination of the segmentation gene expression within the presomitic mesoderm in zebrafish embryos
    第2回 理化学研究所-埼玉大学 生命科学系合同シンポジウム(2017年11月30日、埼玉和光)
  • 伴 博之、横田大佑、木下宏史、藤野友梨、矢部泰二郎、小原弘幹、猪塚彩花、赤間 耀、鹿毛大地、弥益 恭、高田慎治、川村哲規
    ゼブラフィッシュ未分節中胚葉におけるtbx6遺伝子の発現は  positive autoregulatory loopによって維持される
    第40回 日本分子生物学会年(2017年12月6-9日)
  • 藤野友梨、菅谷千尋、大岡優子、木下宏史、小原弘幹、弥益 恭、三嶋雄一郎、川村哲規
    ゼブラフィッシュ分節時計におけるhairy関連遺伝子のmRNA不安定性に関する解析
    第40回 日本分子生物学会年(2017年12月6-9日)
  • 赤間 燿、猪早敬二、田港朝仁、江幡奏美、藤野友梨、木下宏史、弥益 恭川村哲規
    硬骨魚類における脊椎骨分節機構の解析
    第40回 日本分子生物学会年(2017年12月6-9日)
  • 荒木 颯、赤間 燿、弥益 恭川村 哲規
    ゼブラフィッシュを用いたhoxクラスター変異体の作製と解析
    第40回 日本分子生物学会年(2017年12月6-9日)
  • Maekawa M, Shimura K and Yamasu K
    Analysis of the transcriptional regulation and functions of emx genes in the developing zebrafish telencephalon.
    第40回 日本分子生物学会年会(ConBio2017) (2017年12月)
  • Yuikawa T, Ikeda M, Tsuda S and Yamasu K
    Zebrafish pou2/pou5f3, an Oct4-type PouV gene, is involved in neurogenesis in the tail bud.
    第40回 日本分子生物学会年会(ConBio2017) (2017年12月)
  • Sato T, Kage D, and Yamasu K
    Investigation of the gene regulatory network involved in isthmus formation by genome editing techniques. 第40回 日本分子生物学会年会(ConBio2017) (2017年12月)
  • 竹見祥大、坂井貴文坂田一郎
    スンクス消化管におけるLysozyme産生細胞の局在の検討
    第42回日本比較内分泌学会大会、奈良女子大学(奈良県奈良市)、2017年11月17-19日
  • 小山航平、竹見祥大、田中亨、坂井貴文坂田一郎
    スンクスにおけるモチリン誘発性強収縮機構の検討
    第42回日本比較内分泌学会大会、奈良女子大学(奈良県奈良市)、2017年11月17-19日
  • 尾島汐海、坂井貴文坂田一郎
    食虫目スンクスプログルカゴン遺伝子のクローニングと消化管GLP-1発現・産生領域の検討
    第42回日本比較内分泌学会大会、奈良女子大学(奈良県奈良市)、2017年11月17-19日
  • ハ ライ、ドゥダニ アムリタ、坂井田初季、竹見祥大坂井貴文坂田一郎
    ウズラにおけるセロトニン誘導性消化管収縮運動調節メカニズムの検討
    第41回鳥類内分泌研究会、東京農工大学(東京都府中市)、2017年12月16- 17日
  • 森下雅大、前嶋翔、塚原伸治
    雄優位な性的二型核に内在する雌優位な性差がある亜領域の性分化における性ホルモンの役割
    第44回日本神経内分泌学会学術集会、神奈川、2017年10月.
  • 前嶋翔、内山慶、森下雅大、近藤保彦、塚原伸治
    雄ラットの内則視索前核中心部に発現するVGFは交尾経験による性的動機づけの亢進に関与する
    第44回日本神経内分泌学会学術集会、神奈川、2017年10月.
  • 前嶋翔、内山慶、森下雅大、近藤保彦、塚原伸治
    雄ラットの内則視索前核中心部のVGF nerve growth factor inducible (VGF)は性経験後の性的動機づけの促進に関与する
    日本動物学会第88回大会、富山、2017年9月.
  • 望月日向、竹澤大輔
    ゼニゴケ無性芽の超低温保存における乾燥処理の影響
    Cryopreservation Conference 2017 11月1-2日 つくば市
  • 青野剛人、吉原亮平、清家快海、畠山晋田中秀逸
    アカパンカビ新規短寿命株の表現型解析および短寿命原因遺伝子の特定
    ConBio2017 (2017年12月)
  • 石森啓右、吉原亮平、清家快海、畠山晋田中秀逸
    アカパンカビにおける寿命関連遺伝子mhg1の機能解析
    ConBio2017 (2017年12月)
  • 桑原一樹、吉原亮平畠山晋田中秀逸
    多核細胞に同時に存在する異なる細胞周期の核の分裂制御機構解析
    第89回日本遺伝学会大会(2017年9月)
  • 大梛宏樹、吉原亮平畠山晋田中秀逸
    アカパンカビにおけるDNA二本鎖切断でリン酸化されるヒストンH2A Ser131の役割
    第89回日本遺伝学会大会(2017年9月)
  • 坂井田初季、相澤清香、坂田一郎坂井貴文
    食虫目スンクス下垂体前葉におけるホルモン産生細胞の局在及び精巣摘除によるLH産生細胞の形態学的変化の研究
    第32回日本下垂体学会学術集会、鬼怒川グランドホテル(栃木県日光市)、2017年8月2-4日
  • ドウダニ アムリタ、モンダル アヌポン、坂田 一郎坂井 貴文
    Adenosine and dopamine are key regulatory molecules for motilin-induced contractions in the Asian musk shrew stomach Suncus murinus in-vitro
    第59回日本平滑筋学会、福岡大学(福岡県福岡市)、2017年8月24-25日
  • 竹見 祥大、伊藤 一真、三上 堯、小山 航平、黒田 香百合、Anupon Mondal、坂田 一郎坂井 貴文
    スンクス消化管における食後期収縮制御機構の検討
    第59回日本平滑筋学会、福岡大学(福岡県福岡市)、2017年8月24-25日
  • 相澤 清香、顧 䆾䆾、神之田 有紗、藤岡 竜矢、坂井田 初季、塙 菫、坂田 一郎坂井 貴文御輿 真穂、竹内 栄、高橋 純夫
    ラット下垂体隆起部におけるニューロメジンU の発現制御メカニズム
    第88回日本動物学会、富山県民会館(富山県富山市)、2017年9月21-23日
  • 高倉 なつみ、竹見 祥大、熊木 竣佑、岩槻 健、坂田 一郎坂井 貴文
    スンクス上部小腸オルガノイド培養系の確立
    第88回日本動物学会、富山県民会館(富山県富山市)、2017年9月21-23日
  • 本田 航、坂田 一郎坂井 貴文 
    スンクス消化管運動におけるコレシストキニン(CCK)の生理作用とCCKA受容体遺伝子の同定
    第88回日本動物学会、富山県民会館(富山県富山市)、2017年9月21-23日
  • Ban H, Yokota D, Kinoshita H, Fujino Y, Yabe T, Ovara H, Izuka A, Akama K, Kage D, Yamasu K, Takada S and Kawamura A
    Transcriptional autoregulatory loop maintains the expression of tbx6 in the zebrafish presomitic mesoderm
    The 23rd Japanese Medaka and Zebrafish Meeting(2017年8月30-31日、山梨)
  • Fujino Y, Sugaya C, Ooka Y, Kinoshita H, Ovara H, Yamasu K, Mishima Y and Kawamura A
    Distinct mRNA turnover rate mediated by 3’UTR of hairy-related genes in the segmentation clock of zebrafish embryos
    The 23rd Japanese Medaka and Zebrafish Meeting(2017年8月30-31日、山梨)
  • Akama K, Inohaya K, Taminato T, Ebata K, Fujino Y, Kinoshita H, Yamasu K and Kawamura A
    Somite patterning provides positional cues for the segmental ossification of the vertebral column in teleosts The 23rd Japanese Medaka and Zebrafish Meeting(2017年8月30-31日、山梨)
  • Maekawa M, Miura Y, Okiyama A, Shimura K and Yamasu K
    In vitro analysis of the transcriptional regulation of emx3 involved in zebrafish telencephalon development.
    23nd Japanese Medaka Zebrafish Meeting (甲府, 2017年8月30-31日)
  • Sato T, Kage D and Yamasu K
    Analysis of the mechanism of isthmus organizer formation at the midbrain-hindbrain boundary by genome editing techniques.
    23nd Japanese Medaka Zebrafish Meeting (甲府, 2017年8月30-31日)
  • Yuikawa T, Ikeda M, Tsuda S and Yamasu K
    Zebrafish pou2, an Oct4-type PouV gene, is involved in neurogenesis in the tail bud.
    23nd Japanese Medaka Zebrafish Meeting (甲府, 2017年8月30-31日)
  • Wang Z, Nakayama Y, Tsuda S and Yamasu K
    The role of gastrulation brain homeobox 2 (gbx2) in the development of the ventral telencephalon in zebrafish embryos.
    23nd Japanese Medaka Zebrafish Meeting (甲府, 2017年8月30-31日)
  • Akida J, Komatsu K, Umezawa T, Sakata Y and Takezawa D
    Abscisic acid receptor mediates sucrose signaling in liverwort Marchantia polymorpha
    日本植物学会第81会大会、東京理科大学、2017年9月10日
  • 齋藤慧、高橋公咲、竹澤大輔
    植物の環境ストレス応答における糖シグナルの役割
    日本植物学会第81会大会、東京理科大学、2017年9月8日
  • 平出 真由佳、石崎 優美子、 桑田 啓子、猿橋 正史、坂田 洋一、梅澤 泰史、 竹澤 大輔   
    Raf様プロテインキナーゼARKによる
    ヒメツリガネゴケのアブシジン酸および低温応答の制御
    日本植物学会第81会大会、東京理科大学、2017年9月8日
  • Yuikawa T, Ikeda M and Yamasu K
    Zebrafish pou2, a Oct4-type class-V POU gene, is involved in neurogenesis in the tail bud.
    50th Annual Meeting of the Japanese Society of Developmental Biologists (2017年5月10-13日、東京)
  • 齋藤慧、高橋公咲、竹澤大輔
    ゼニゴケゼアキサンチンエポキシダーゼ遺伝子破壊株の解析
    第62回低温生物工学会大会、北海道大学、2017年5月21日
  • 平出真由佳、竹澤大輔
    ヒメツリガネゴケの凍結耐性におけるエチレンシグナルの役割
    第62回低温生物工学会大会、北海道大学、2017年5月21日
  • Kinoshita H, Fujino Y, Ohgane N, Yabe T, Yokota D, Ovara H, Izuka A, Ban H, Kage D, Yamasu K, Takada S and Kawamura A
    Genetic interactions between Ripply and Tbx6 in the somite segmentation and myogenesis in zebrafish embryos
    50th Annual Meeting of the Japanese Society of Developmental Biologists (2017年5月10-13日、東京)
  • 坂井貴文、竹見祥大、坂田一郎
    スンクス(トガリネズミ)を用いてMMCの謎に迫る
    第16回群馬消化管機能研究会、2017年6月1日
  • 日浦伸宏、坂田一郎津田佐知子坂井貴文
    CLARITYによる消化管組織透明化及びグレリン産生細胞の三次元的観察
    日本動物学会関東支部第69回大会、筑波大学東京キャンパス、2017年3月20日
  • PENA MARTINEZ CRISTIAN DAVID, 坂井貴文坂田一郎
    モチリン発現を調節する転写因子の探索
    日本動物学会関東支部第69回大会、筑波大学東京キャンパス、2017年3月20日
  • 前嶋翔、内山慶、森下雅大、近藤保彦、塚原伸治
    性経験は内側視索前野中心部のvgf nerve growth factor inducible(VGF)ニューロンの活性化を介して雄ラットの性的動機づけを亢進する
    第94回日本生理学会大会、浜松、2016年3月28-30日.
  • 内山慶、前嶋翔、山口祥平、松田賢一、塚原伸治
    性行動を起こす雄ラットの視床下部矢状核における神経活性の変化
    第94回日本生理学会大会、浜松、2016年3月28-30日.
  • 森下雅大、前嶋翔、塚原伸治
    マウスの背側視床下部-性的二型核(SDN-DH)の性分化における性ステロイドの働き
    第94回日本生理学会大会、浜松、2016年3月28-30日.
  • 藤野友梨、木下宏史、大金ななえ、矢部泰二郎、横田大佑、小原弘幹、猪塚彩花、荒木 颯、鹿毛大地、弥益 恭、高田慎治、川村哲規
    ゼブラフィッシュの体節形成および筋形成に必須なRipplyの役割
    第69回 日本動物学会 関東支部大会 (2017年3月20日、東京)
  • 赤間 燿、田港朝仁、藤野友梨、木下宏史、弥益 恭川村哲規
    ゼブラフィッシュ変異体を用いた脊椎骨分節機構の解析
    日本動物学会 第69回 関東支部大会
    第69回 日本動物学会 関東支部大会 (2017年3月20日、東京)
  • 菅谷千尋、藤野友梨、木下宏史、大岡優子、小原弘幹、弥益 恭、三嶋雄一郎、川村哲規
    ゼブラフィッシュ分節時計遺伝子の3’UTR依存的なmRNA不安定性の比較解析
    第69回 日本動物学会 関東支部大会 (2017年3月20日、東京)
  • 荒木 颯、田港朝仁、横田大佑、弥益 恭川村哲規
    ゼブラフィッシュ胚内の活性を指標としたChIP-Injection法によるエンハンサー
    同定と機能解析
    日本動物学会 第69回 関東支部大会
    第69回 日本動物学会 関東支部大会 (2017年3月20日、東京)
  • 講演

  • 塚原伸治
    新たに見つかった性的二型核の性差形成機構と生理機能.
    KOUDOU2017、東京、2017年8月30日
  • Tsukahara S
    Sexual differentiation of novel sexually dimorphic nucleus of dorsal hypothalamus in mice.
    International Behavioral Neuroscience Society 26th Annual meeting, Hiroshima, Japan, June 30, 2017.
  • 塚原伸治
    性行動の神経制御と性ホルモンの働き
    第6回プロゲストーゲン研究会、東京、2017年6月24日
  • 塚原伸治
    哺乳類における性的二型核の比較と性差形成機構
    第46回ホミニゼーション研究会、犬山(京都大学霊長類研究所)、2017年3月24日