埼玉大学 生体制御学科 / 生体制御学コース

お問い合わせENGLISH

研究業績

2017年

国際学会                          * 下線は生体制御学コースの教員

  • Dudani A, Aizawa S, Mondal A, Sakata  I and Sakai T
    Determination of proximal corpus as the most active and responsive site for motilin- and ghrelin-induced gastric contractions in suncus murinus stomach in vitro
    ANMA & JSNM Joint Meeting 2017, Osaka International Convention Center, Osaka, Japan. 2017年3月23-25日
  • Yokoi T, Kojima Y, Tanaka S and Hatakeyama S
    Neurospora MSH1 protein functions to maintain the mitochondrial DNA
    29th Fungal Genetics Conference 2017 (March 2017, Asilomar, USA)

国内学会

  • Kinoshita H, Fujino Y, Ohgane N, Yabe T, Yokota D, Ovara H, Izuka A, Ban H, Kage D, Yamasu K, Takada S and Kawamura A
    Genetic interactions between Ripply and Tbx6 in the somite segmentation and myogenesis in zebrafish embryos
    50th Annual Meeting of the Japanese Society of Developmental Biologists (2017年5月10-13日、東京)
  • 坂井貴文、竹見祥大、坂田一郎
    スンクス(トガリネズミ)を用いてMMCの謎に迫る
    第16回群馬消化管機能研究会、2017年6月1日
  • 日浦伸宏、坂田一郎津田佐知子坂井貴文
    CLARITYによる消化管組織透明化及びグレリン産生細胞の三次元的観察
    日本動物学会関東支部第69回大会、筑波大学東京キャンパス、2017年3月20日
  • PENA MARTINEZ CRISTIAN DAVID, 坂井貴文坂田一郎
    モチリン発現を調節する転写因子の探索
    日本動物学会関東支部第69回大会、筑波大学東京キャンパス、2017年3月20日
  • 前嶋翔、内山慶、森下雅大、近藤保彦、塚原伸治
    性経験は内側視索前野中心部のvgf nerve growth factor inducible(VGF)ニューロンの活性化を介して雄ラットの性的動機づけを亢進する
    第94回日本生理学会大会、浜松、2016年3月28-30日.
  • 内山慶、前嶋翔、山口祥平、松田賢一、塚原伸治
    性行動を起こす雄ラットの視床下部矢状核における神経活性の変化
    第94回日本生理学会大会、浜松、2016年3月28-30日.
  • 森下雅大、前嶋翔、塚原伸治
    マウスの背側視床下部-性的二型核(SDN-DH)の性分化における性ステロイドの働き
    第94回日本生理学会大会、浜松、2016年3月28-30日.
  • 藤野友梨、木下宏史、大金ななえ、矢部泰二郎、横田大佑、小原弘幹、猪塚彩花、荒木 颯、鹿毛大地、弥益 恭、高田慎治、川村哲規
    ゼブラフィッシュの体節形成および筋形成に必須なRipplyの役割
    第69回 日本動物学会 関東支部大会 (2017年3月20日、東京)
  • 赤間 燿、田港朝仁、藤野友梨、木下宏史、弥益 恭川村哲規
    ゼブラフィッシュ変異体を用いた脊椎骨分節機構の解析
    日本動物学会 第69回 関東支部大会
    第69回 日本動物学会 関東支部大会 (2017年3月20日、東京)
  • 菅谷千尋、藤野友梨、木下宏史、大岡優子、小原弘幹、弥益 恭、三嶋雄一郎、川村哲規
    ゼブラフィッシュ分節時計遺伝子の3’UTR依存的なmRNA不安定性の比較解析
    第69回 日本動物学会 関東支部大会 (2017年3月20日、東京)
  • 荒木 颯、田港朝仁、横田大佑、弥益 恭川村哲規
    ゼブラフィッシュ胚内の活性を指標としたChIP-Injection法によるエンハンサー
    同定と機能解析
    日本動物学会 第69回 関東支部大会
    第69回 日本動物学会 関東支部大会 (2017年3月20日、東京)
  • 講演

  • Tsukahara S
    Sexual differentiation of novel sexually dimorphic nucleus of dorsal hypothalamus in mice.
    International Behavioral Neuroscience Society 26th Annual meeting, Hiroshima, Japan, June 30, 2017.
  • 塚原伸治
    性行動の神経制御と性ホルモンの働き
    第6回プロゲストーゲン研究会、東京、2017年6月24日
  • 塚原伸治
    哺乳類における性的二型核の比較と性差形成機構
    第46回ホミニゼーション研究会、犬山(京都大学霊長類研究所)、2017年3月24日