埼玉大学 理学部 / 大学院理工学研究科
生体制御学科 / 生体制御学プログラム
Department of Regulatory Biology, Saitama University

2021年

発表論文

原著論文

著書

  • Moe Onizawa, Ichiro Sakata
    Chapter 35 – Xenin. In: Handbook of Hormones, Comparative Endocrinology for Basic and Clinical Research, (Second Edition), Elsevier, pp.379-381.(2021)

総説

  • Sakata I, Takemi S.
    Ghrelin-cell physiology and role in the gastrointestinal tract.
    Curr Opin Endocrinol Diabetes Obes. 28(2): 238-242. (2021)
  • 竹見 祥大坂田 一郎、坂井 貴文
    消化管収縮運動研究の基礎
    日本消化器病学会雑誌 118(2):107-113. (2021)
  • 篠澤 章久、竹澤 大輔、坂田 洋一
    B-RAFキナーゼを介した植物浸透圧ストレス応答機構
    アグリバイオ 61:46-51.(2021)

プロシーディング

学会発表

国際学会

  • Takemi S, Sakata I
    Study of gastrointestinal motility using Suncus murinus
    International Workshop on Emergence of Life-Nano-Bio Science (March 2021 Online style by Zoom)
  • Mori K, Sakata I, Takemi S
    Investigation of responses to bacterial infection in suncus intestine
    International Workshop on Emergence of Life-Nano-Bio Science (March 2021 Online style by Zoom)
  • Iijima M, Takemi S, Sakai T, Aizawa A, Sakata I
    Inhibitory effect of REV-ERB on GOAT transcription in gastric ghrelinproducing cells
    International Workshop on Emergence of Life-Nano-Bio Science (March 2021 Online style by Zoom)
  • Miura T, Sakata I, Takemi S
    Investigating the mechanism underlying alleviation of hyperglycemia in
    streptozotocin-induced diabetes in Suncus murinus
    International Workshop on Emergence of Life-Nano-Bio Science (March 2021 Online style by Zoom)
  • Kobayashi Y, Takemi S, Sakai T, Sakata I
    Characterization of colonic motility in the house musk shrew (suncus murinus)
    International Workshop on Emergence of Life-Nano-Bio Science (March 2021 Online style by Zoom)
  • Ikegami K, Takezawa D
    The role of protein phosphatase 2C in abiotic stress in the moss Physcomitrium patens
    12th International Plant Cold Hardiness Seminar (Dec 2021 on web)
  • Yamazaki Y, Jahan A, Islam M, Shinozawa A, Sakata, Y, Takezawa D
    Functional analysis RAF-like kinases in streptophytes
    12th International Plant Cold Hardiness Seminar (Dec 2021 on web)
  • Islam M, Takezawa D
    Role of ETHYLENE INSENSITIVE3 orthologs in abiotic stress responses in the moss Physcomitrium patens
    12th International Plant Cold Hardiness Seminar (Dec 2021 on web)
  • Ishida T, Inoue T, Takezawa D
    The role of plant Raf-like kinase ARK in cold acclimation of the moss Physcomitrium patens
    12th International Plant Cold Hardiness Seminar (Dec 2021 on web)

国内学会

  • 佐藤 こうみ、鈴木 賢弥、前野 哲輝、山田 一哉、荒木 颯、川村 哲規
    ゼブラフィッシュ器官形成におけるhoxcaおよびhoxcbクラスターの機能解析
    第73回 日本動物学会関東支部会(オンライン開催) (2021年3月)
  • 石坂 瑞樹、山田 一哉、菊地 守道、前野 哲輝、荒木 颯、川村 哲規
    ゼブラフィッシュhoxaa,ab,daクラスター三重欠失変異体の解析
    第73回 日本動物学会関東支部会(オンライン開催)(2021年3月)
  • 塚田耕太郎、吉原 亮平畠山 晋田中 秀逸
    アカパンカビにおけるSLX1-SLX4ヌクレアーゼの同定と機能解析
    日本農芸化学会2021年度大会 (オンライン開催) (2021年3月)
  • Morishita M, Mitsuzuka M, Tsuneoka Y, Horio S, Kobayashi K, Kato S, Tsukahara S
    A male-specific neuronal projection from the medial preoptic area to the ventral tegmental area is involved in the control of male sexual behavior in mice
    The 44th Annual Meeting of the Japan Neuroscicence Society(第44回日本神経科学大会)(2021年7月)
  • Umeda K, Kamimura T, Maekawa M, Suzuki S, Tanaka K, Yamasu K
    Genetic analysis of the mechanism involved in dorsoventral patterning of the developing telencephalon in zebrafish embryos
    27th Japanese Medaka Zebrafish Meeting (オンライン開催)(2021年9月)
  • 荒井 秀冬、塚原 伸治
    マウスの分界条床核に投射する血管作動性腸管ペプチドニューロンの性差
    第92回日本動物学会オンライン米子大会 (オンライン開催)(2021年9月)
  • 若山 幹太、塚原 伸治
    ラットの脳の性分化に対する成育環境の影響
    第92回日本動物学会オンライン米子大会 (オンライン開催)(2021年9月)
  • 竹見 祥大、三浦 貴、坂田 一郎
    スンクス(Suncus murinus)の腸内細菌の解析
    第92回日本動物学会オンライン米子大会 (オンライン開催)(2021年9月)
  • 三浦 貴、坂田 一郎竹見 祥大
    思春期マウスにおける短期のカロリー制限が大腸炎感受性に与える影響の検討
    第92回日本動物学会オンライン米子大会 (オンライン開催)(2021年9月)
  • 森 和奈、坂田 一郎竹見 祥大
    スンクス腸管におけるLPS投与後の炎症応答の検討
    第92回日本動物学会オンライン米子大会 (オンライン開催)(2021年9月)
  • 池上 慶太、平出 真由佳、坂田 洋一、竹澤 大輔
    Group A プロテインフォスファターゼ に依存しないABA応答制御機構の解明
    日本植物学会第85回大会 (オンライン開催)(2021年9月)
  • 山崎 優斗、Akida Jahan、Mousona Islam、坂山 英俊、西山 智明、堀 孝一、太田 啓之、皆川 純、篠澤 章久、坂田 洋一、竹澤 大輔
    ストレプト植物RAF様キナーゼの機能解析
    日本植物学会第85回大会 (オンライン開催)(2021年9月)
  • 柳澤 健斗、片貝 翼、吉原 亮平畠山 晋、<u”>田中 秀逸
    アカパンカビ EXO1 ホモログ欠損株とヒストン H3K4 変異株における短寿命表現型と 変異原感受性の解析
    日本遺伝学会第93回大会 (オンライン開催)(2021年9月)
  • 塚田 耕太郎、吉原 亮平畠山 晋田中 秀逸
    アカパンカビにおける DNA 鎖間架橋修復関連遺伝子 SLX4 ホモログの解析
    日本遺伝学会第93回大会 (オンライン開催)(2021年9月)
  • 大田 ひな子、竹見 祥大坂田 一郎
    「スンクスにおけるモチリンの新規生理作用の探索」
    第45回日本比較内分泌学会大会及びシンポジウム (オンライン開催)(2021年11月)
  • 松本 実桜、竹見 祥大、坂井 貴文、坂田 一郎
    「イモリにおけるモチリンの局在と生理作用の検討」
    第45回日本比較内分泌学会大会及びシンポジウム (オンライン開催)(2021年11月)
  • 横田 奈保、本田 航、竹見 祥大坂田 一郎
    「コレシストキニンによるスンクス消化管運動調節機構の検討」
    第45回日本比較内分泌学会大会及びシンポジウム (オンライン開催)(2021年11月)
  • 嶋田 智紀、河野 雄真、松﨑 賢寿、中林 誠一郎、吉川 洋史、坂田 一郎竹見 祥大
    「マウス小腸での摂食後抗菌ペプチド産生・分泌制御機構の検討」
    第45回日本比較内分泌学会大会及びシンポジウム (オンライン開催)(2021年11月)
  • 中原 美音、竹見 祥大小林 哲也坂田 一郎
    「ウズラ ファブリキウス嚢におけるグレリンの機能解析」
    第45回日本比較内分泌学会大会及びシンポジウム (オンライン開催)(2021年11月)
  • 森下 雅大、三塚 萌理、小野 浩太、恒岡 洋右、堀尾 修平、加藤 成樹、小林 和人、塚原 伸治
    内側視索前野の性的二型性を確立するニューロンの形態学的特性、生理機能および性差構築機構の解析
    第47回日本神経内分泌学会学術集会(2021年10月)(第20回若手研究奨励賞受賞)
  • 結川 達也、安田 楓、石倉 愛悠、弥益 恭
    ゼブラフィッシュ胚神経管後端での神経発生におけるpou5f3とレチノイン酸の役割
    第44回 日本分子生物学会年会(オンライン)(2021年12月)
  • 上村 拓真、梅田 琴、前川 雅人、鈴木 志保、田中 海帆、弥益 恭
    ゼブラフィッシュ胚終脳の背腹領域化に関する発生遺伝学的研究
    第44回 日本分子生物学会年会(オンライン)(2021年12月)
  • 大崎 翔梧、池田 亮、今川 夏音、弥益 恭
    時計遺伝子の発現制御を行うフィードバックサブループ機構のゼブラフィッシュにおける発生・発達
    第44回 日本分子生物学会年会(オンライン)(2021年12月)
  • 戸田 美波子、廣石 歩、中嶋 友里絵、柴田 晴菜子、大野 豊、北村 智、乾 秀之、畠山 晋田中 秀逸吉原 亮平
    アグロバクテリウムによる植物染色体DNAへのT-DNA挿入に対するNHEJ経路の関与
    第44回 日本分子生物学会年会(2021年12月)
  • 柳澤 健斗、片貝 翼、吉原 亮平畠山 晋田中 秀逸
    ヒストンH3K4メチル化の異常はexo1欠損株の示す変異原感受性と短寿命表現型を抑圧する
    第44回 日本分子生物学会年会(2021年12月)
  • 塚田 耕太郎、吉原 亮平畠山 晋田中 秀逸
    アカパンカビの核分裂周期を同調させた実験手法の確立
    第44回 日本分子生物学会年会(2021年12月)
  • 谷川 恒、金谷 美咲、中尾 暢宏、岩室 祥一、菊山 榮、 小林 哲也
    ウズラのファブリキウス嚢における抗菌ペプチドのmRNA発現におよぼす日照時間の影響」
    第45回鳥類内分泌研究会(2021年12月)

講演

下線:生体制御学科の教員