埼玉大学 理学部 / 大学院理工学研究科
生体制御学科 / 生体制御学コース
Department of Regulatory Biology, Saitama University

2019年

発表論文

原著論文

著書

  • 塩尻信義、弥益 恭、加藤容子、中尾啓子(共編著)
    発生生物学 基礎から応用への展開
    培風館(2019)

総説

  • Ogawa S, Tsukahara S, Choleris E, Vasudevan N
    Estrogenic regulation of social behavior and sexually dimorphic brain formation
    Neurosci Biobehav Rev. 110:46-59. (2020)
  • A-Saffar A, Takemi S, Saeed H, Sakata I and Sakai T
    Utility of animal gastrointestinal motility and transit models in functional gastrointestinal disorders
    Best Practice & Research Clinical Gastroenterology, 101633. (2019)

プロシーディング

 

学会発表

国際学会

  • Hiyoshi K, Fukuda N, Okumura K, Yamasu K and Tsuda S
    Identifying functional compartments in the developing cerebellum: Calcium and voltage imaging in zebrafish
    Neuroscience 2019(第49回北米神経科学会大会) (October 2019, Chicago, USA)
  • Takezawa D, Islam M, Inoue T, Yotsui I, Umezawa T and SakataY
    ABA and osmostress response mediated by B3-Raf protein kinase.
    Frontiers in Plant Environmental Eesponse Research Nagoya, November 18-19 (2019)
  • Islam M, Hiraide M, Inoue T, Umezawa T, Sakata Y and Takezawa D
    Positive and negative control of abscisic acid signaling by Raf-like protein kinase and group A PP2C.
    Marchantia Workshop 2019 Sendai, September 18-19 (2019)
  • Khatun N, Furuno H, Takahashi K and Takezawa D
    Role of endogenous abscisic acid (ABA) in responses to sugar and hyperosmosis in Marchantia polymorpha.
    Marchantia Workshop 2019 Sendai, September 18-19 (2019)
  • Jahan A, Sakata Y, Iwamatsu M and Takezawa D
    Group B3 Raf-like MAPKKK regulates abscisic acid response in liverworts.
    Marchantia Workshop 2019
    Sendai, September 18-19 (2019)
  • Maejima S, Morishita M, Ueno K, Kamada A and Tsukahara S
    Exploring the roles of calbindin-D28K in the medial preoptic nucleus in sexual behavior of male rats.
    The 9th Federation of the Asian and Oceanian Physiological Societies Congress (FAOPS2019), Kobe, Japan, March 28-31, 2019.
  • Morishita M and Tsukahara S
    Action mechanisms of sex steroids during puberty on sexual differentiation of the brain in mice.
    The 9th Federation of the Asian and Oceanian Physiological Societies Congress (FAOPS2019), Kobe, Japan, March 28-31, 2019.
  • Morishita M and Tsukahara S
    Sex steroid-dependent sexual differentiation of a female-biased sexually dimorphic cell group in the principal nucleus of the bed nucleus of the stria terminalis in mice.
    The 3rd Sino-Japan Symposium on the Frontier of Behavioral Neuroendocrinology, Tsukuba, Japan, March 20-22, 2019.

国内学会

  • 菊地守道、山田一哉、前野哲輝、荒木颯、鈴木聖人、石坂瑞樹、赤間燿、川村哲規
    ゼブラフィッシュ胚発生におけるhoxクラスターの機能解析
    第72回 日本動物学会関東支部会 (2020年3月)
  • 鈴木聖人、山田一哉、前野哲輝、菊地守道、荒木颯、石坂瑞樹、赤間燿、川村哲規
    ゼブラフィッシュ成魚の全身骨格および軟組織形成におけるhoxクラスターの機能解析
    第72回 日本動物学会関東支部会 (2020年3月)
  • 佐藤こうみ、川村哲規
    Chemical Screeningを用いたゼブラフィッシュ肋骨形成の解析
    第72回 日本動物学会関東支部会 (2020年3月)
  • 松野由美香、乙坂栞里、鈴木聖人、川村哲規
    成長に伴うゼブラフィッシュの体節間血管の再配置に関する研究
    第72回 日本動物学会関東支部会 (2020年3月)
  • Morishita M, Ono K, Tsuneoka Y, Horio S, Kato S, Kobayashi K, Tsukahara S
    Sexually dimorphic neural projections of calbindin-D28K neurons in the medial preoptic area of mice.
    The 97th Annual Meeting of the Physiological Society of Japan(第97回日本生理学会大会)(2020年3月 誌上開催)
  • 齋藤善則、坂田一郎坂井貴文
    スッポン(Pelodiscus sinensis)モチリンの遺伝子クローニングと生理作用の研究
    第44回日本比較内分泌学会(2019年11月)
  • 木村理紗、竹見祥大、坂井貴文坂田一郎
    中枢CRF 受容体による血糖維持機構の検討
    第44回日本比較内分泌学会(2019年11月)
  • 松本実桜、飯島澪、竹見翔大、坂井貴文坂田一郎
    アカハライモリのモチリン遺伝子の同定
    第44回日本比較内分泌学会(2019年11月)
  • 飯島澪、松本実桜、坂井貴文坂田一郎
    ネッタイツメガエルにおけるニューロメジンU 遺伝子の同定と組織分布
    第44回日本比較内分泌学会(2019年11月)
  • 関谷晏歌、坂田一郎坂井貴文
    モチリン誘発性強収縮におけるソマトスタチンの抑制作用の研究
    第44回日本比較内分泌学会(2019年11月)
  • 田口隼人、坂井貴文坂田一郎
    スンクスにおける消化管運動に対する生姜の作用検討
    第44回日本比較内分泌学会(2019年11月)
  • 高橋直央、塙菫、藤原研、坂井貴文坂田一郎
    スンクス下垂体前葉主部細胞におけるホルモン産生細胞の形態学的研究
    第44回日本比較内分泌学会(2019年11月)
  • 椿あい、坂井貴文坂田一郎
    i-GONAD法を用いた遺伝子改変スンクス作製の試み
    第42回日本分子生物学会(2019年12月)
  • 柴田晴菜子、小池学、田中秀逸吉原亮平
    シロイヌナズナのKu70タンパク質生細胞イメージング技術の確立
    第42回 日本分子生物学会年会(2019年12月)
  • 中嶋友里絵、岡田真希、柴田晴菜子、大野豊、乾秀之、田中秀逸吉原亮平
    DNA二本鎖切断修復機構NHEJがRhizobium radiobacterによる遺伝子導入に与える影響
    第42回 日本分子生物学会年会(2019年12月)
  • 秋山優、青野剛人、清家快海、畠山晋田中秀逸吉原亮平
    アカパンカビ短寿命変異原感受性株ms-1の責任遺伝子の解析
    第42回 日本分子生物学会年会(2019年12月)
  • 清家快海、石森啓右、桐生真緒、畠山晋田中秀逸吉原亮平
    アカパンカビの寿命関連遺伝子mhg1における予測機能ドメインの解析
    第42回 日本分子生物学会年会(2019年12月)
  • 齋藤 草太 , 弥益
    ゼブラフィッシュgbx2のシャドウエンハンサーの役割に関するゲノム編集技術での検討
    第42回 日本分子生物学会年会 (2019年12月)
  • 結川 達也 , 佐藤 武寿 , 津田 佐知子 , 弥益
    神経管後端と尾芽での神経発生におけるpou5f3とsoxB1の役割に関するゼブラフィッシュ変異体胚を利用した検討
    第42回 日本分子生物学会年会 (2019年12月)
  • Tsukada K., Yoshihara R., Hatakeyama S. and Tanaka S.
    A functional analysis of the XPF-ERCC1 in Neurospora crass
    第42回日本分子生物学会年会(2019年12月)
  • 森下雅大、小野浩太、恒岡洋右、堀尾修平、加藤茂樹、小林和人、塚原伸治
    マウスの内側視索前野に存在するカルビンディンニューロンの神経投射
    第44回日本比較内分泌学会大会およびシンポジウム(2019年11月8-10日)
  • 植野寛菜、前嶋翔、森下雅大、鎌田亜里紗、塚原伸治
    ラットの性行動制御における内側視索前野のカルビンディンの役割
    第44回日本比較内分泌学会大会およびシンポジウム(2019年11月8-10日)
  • 山田一哉, 菊地守道, 前野哲輝, 荒木 颯, 赤間 燿, 鈴木聖人, 石坂瑞樹, 川村哲規
    ゼブラフィッシュ胚発生におけるhoxクラスターの機能解析
    第42回 日本分子生物学会 (2019年12月)
  • Islam M, Hiraide M, Ishizaki Y, Inoue T, Sakata Y, Umezawa T and Takezawa D
    Positive and negative control of abscisic acid signaling by ARK and group APP2C inPhyscomitrella patens.
    日本植物学会第83回大会(2019年9月)
  • Khatun N, Saito K, Takahashi K and Takezawa D
    Role of endogenous abscisic acid (ABA) in desiccation stress responses of Marchantia polymorpha.
    日本植物学会第83回大会(2019年9月)
  • Jahan A, Sakata Y, Iwamatsu M and Takezawa D
    Roles of B2 and B3 kinases in desiccation tolerance mediated by abscisic acid.
    日本植物学会第83回大会(2019年9月)
  • 竹見祥大、坂田一郎、 坂井貴文
    食虫目スンクス(Suncus murinus)を用いた消化管運動研究の展開
    第61回日本平滑筋学会(2019年8月2-3日)
  • 小林 優輝、坂田 一郎、小川 仁、柴田 近、坂井 貴文
    食虫目スンクスを用いた大腸運動の基盤的研究
    第61回日本平滑筋学会(2019年8月2-3日)
  • 塙 菫 、坂田一郎 、藤原 研 、高橋直央  、坂井貴文
    食虫目スンクス下垂体隆起部における LH 産生細胞の局在及び卵巣摘除による LH 産生細胞の
    形態学的変化の研究
    日本下垂体研究会 第34回学術集会(2019年8月7-9日)
  • 秋山優、青野剛人、清家快海、畠山 田中 秀逸吉原 亮平
    アカパンカビ新規短寿命変異原感受性株の責任遺伝子の解析
    日本遺伝学会第91回大会(2019年9月)
  • 清家快海、石森啓右、桐生真緒、畠山 田中 秀逸吉原 亮平
    アカパンカビにおける寿命関連遺伝子mhg1の機能ドメイン解析
    日本遺伝学会第91回大会(2019年9月)
  • 塚田 耕太郎、、吉原 亮平畠山 田中 秀逸
    アカパンカビにおける光回復の部分的な欠損はDNA鎖間架橋修復機構の機能不全によって生じる
    日本遺伝学会第91回大会(2019年9月)
  • 植野寛菜、前嶋翔、森下雅大、鎌田亜里紗、塚原伸治
    ラットの性行動制御におけるカルビンディンニューロンの役割.
    第31回日本行動神経内分泌研究会、山梨、2019年9月2-4日.
  • 森下雅大、小野浩太、恒岡洋右、堀尾修平、加藤茂樹、小林和人、塚原伸治
    マウスの内側視索前野に存在するカルビンディンニューロンの神経投射.
    第31回日本行動神経内分泌研究会、山梨、2019年9月2-4日.
  • 小野浩太、森下雅大、恒岡洋右、堀尾修平、加藤茂樹、小林和人、塚原伸治
    マウスの分界条床核主核におけるカルビンディンニューロンの神経投射.
    第31回日本行動神経内分泌研究会、山梨、2019年9月2-4日.
  • Sagoshi S, Sano K, Morishita M, Tsukahara S, Agmo A and Ogawa S
    Synergism of estrogen receptorα and androgen receptor in the regulation of male-type social behavior.
    The 42nd Annual Meeting of the Japan Neuroscience Society(第42回日本神経科学大会)、新潟、2019年7月25-28日.
  • Ueno K, Maejima S, Morishita M and Tsukahara S
    Functional sex difference in calbindin neurons in the medial preoptic area on the control of sexual behavior in rats.
    The 42nd Annual Meeting of the Japan Neuroscience Society(第42回日本神経科学大会)、新潟、2019年7月25-28日.
  • Morishita M, Kamada A and Tsukahara S
    A sex difference in the activity of neurons expressing calbindin-D-28K in the medial preoptic area during copulation in rats.
    The 42nd Annual Meeting of the Japan Neuroscience Society(第42回日本神経科学大会)、新潟、2019年7月25-28日.
  • Htike N-T-T, Maekawa F, Kobayashi S, Maejima S and Tsukahara S
    Effects of sodium arsenite on proliferation and cytoskeletal gene expressions of mouse cortical astrocytes.
    The 42nd Annual Meeting of the Japan Neuroscience Society(第42回日本神経科学大会)、新潟、2019年7月25-28日.
  • Uchida K, Otsuka H, Morishita M, Tsukahara S, Sato T, Sakimura K and Itoi K
    Female-Biased Sexual Dimorphism of Corticotropin-Releasing Factor Neurons in the Bed Nucleus of the Stria Terminalis.
    The 42nd Annual Meeting of the Japan Neuroscience Society(第42回日本神経科学大会)、新潟、2019年7月25-28日.
  • Suzuki S and Yamasu K
    Fluorescence labeling of brain forming genes by the homologous recombination-independent knock-in technology.
    25th Japanese Medaka Zebrafish Meeting (宇都宮, 2019年9月4-5日)
  • Ohyanagi T, Suzuki S and Yamasu K
    Studies on neurogenesis in the isthmic organizer region and its later development.
    25th Japanese Medaka Zebrafish Meeting (宇都宮, 2019年9月4-5日)
  • Saito S, and Yamasu K
    Studies on the roles of the shadow enhancers of zebrafish gbx2 during development using genome editing approaches.
    25th Japanese Medaka Zebrafish Meeting (宇都宮, 2019年9月4-5日)
  • Yuikawa T, Sato T, Tsuda S and Yamasu K
    Neurogenesis in the caudal region of the extending body axis in zebrafish embryos is regulated by pou5f3 and soxB1genes. 25th Japanese Medaka Zebrafish Meeting (宇都宮, 2019年9月4-5日)
  • Yamada K, Kikuchi M, Maeno A, Araki S, Akama K, Suzuki M, Ishizaka M and Kawamura A
    Different functional roles of hox clusters in zebrafish development
    第25回 小型魚類研究会 (2019年9月)
  • Ban H, Yokota D, Otosaka S, Kikuchi M, Kinoshita H, Fujino Y, Yabe T, Ovara H, Izuka A, Akama K, Yamasu K, Takada S and Kawamura A
    Transcriptional autoregulation oftbx6 is required for the somite
    segmentation in zebrafish embryos
    第25回 小型魚類研究会 (2019年9月)
  • Hiyoshi K, Fukuda N, Yamasu K and Tsuda S
    Unraveling 3D structure of functional compartments in the developing cerebellum: Spatiotemporal analysis in zebrafish
    第52回日本発生生物学会大会、大阪、2019年5月15日
  • Yuikawa T, Sato T, Ikeda M, Tsuda S and Yamasu K
    The roles of pou5f3 and Wnt/FGF signaling in the extension of the posterior structure in zebrafish development
    (ゼブラフィッシュ胚の後方伸長でのpou5f3とWnt/FGFシグナルの役割)
    第52回日本発生生物学会年会(2019年5月14-17日、大阪)
  • 塚田 耕太郎、一石 昭彦、吉原 亮平畠山 晋田中 秀逸
    アカパンカビにおけるERCC1ホモログmus-44の機能解析 −DNA鎖間架橋剤感受性と光回復の異常の関連性−
    日本農芸化学会2019年度大会(2019年3月)
  • 山田一哉、荒木颯、前野哲輝、菊地守道、赤間燿、弥益恭川村哲規
    ゼブラフィッシュ体幹部形成におけるhoxクラスターの機能解析
    第71回日本動物学会関東支部会(2019年3月)
  • 乙坂栞里、江幡奏美、赤間燿、前野哲輝、田港朝仁、弥益恭川村哲規
    ゼブラフィッシュ肋骨形成における体節分節性の役割の解析
    第71回日本動物学会関東支部会(2019年3月)
  • Khatun N, Saito K, Jahan A and Takezawa D
    Role of endogenous abscisic acid in osmotic, cold and sugar responses in Marchantia polymorpha.
    第60回日本植物生理学会年会(2019年3月)
  • Takezawa D, Komatsu K, Yotsui I, Umezawa T and Sakata Y
    Conserved and diversified signaling mechanisms revealed by molecular studies of ABA responses in bryophytes.
    第60回日本植物生理学会年会(2019年3月)

講演

  • 津田佐知子
    眼球運動におけるプルキンエ細胞の集団活動にみる小型魚類の小脳区画と発達 -魚を用いて小脳の構築メカニズムに迫る-
    第13回Motor control研究会, シンポジウム「小脳が関与する制御機能の最前線 -基礎と臨床の融合を目指して-」、東京、2019年8月24日.
  • Tsuda S
    Uncovering functional development of the cerebellum by voltage imaging in zebrafish
    The 42th annual meeting of Japanese Neuroscience Society (第42回日本神経科学大会) (Symposium: Voltage imaging: What’s New? )、新潟、2019年7月26日.
  • Tsukahara S
    Sexual differentiation of calbindin neuron in the preoptic area.
    The 42nd Annual Meeting of the Japan Neuroscience Society(第42回日本神経科学大会)、新潟、2019年7月25日.
  • 津田佐知子
    小型魚類ゼブラフィッシュに観る小脳神経回路とその発達
    第5回小脳システム研究会セミナー、東京、2019年6月30日
  • Sachiko Tsuda
    Spatiotemporal analysis of functional compartments in the developing cerebellum by calcium and voltage imaging
    The 14th International Zebrafish Conference, Suzhou, China, 15 June 2019.
  • Sachiko Tsuda
    Probing the functional compartmentalization of the cerebellum in larval zebrafish
    LB Cohen Symposium, New Heaven, USA, 17 May 2019.
  • Sachiko Tsuda
    Toward understanding functional development of the cerebellar circuitry with GFP and voltage imaging
    5th Nagoya International Symposium on Neural Circuits: A Decade after “Discovery and Development of GFP”: Expansion and Expectation, Nagoya, 19 March 2019.
  • Tsukahara S
    A neuronal mechanism of sexual arousal in male rats.
    The 3rd Sino-Japan Symposium on the Frontier of Behavioral Neuroendocrinology, Tsukuba, Japan, March 20-22, 2019.

 

下線:生体制御学科の教員