埼玉大学 生体制御学科 / 生体制御学コース

お問い合わせENGLISH

高等学校との連携教育SSH, SPP, 出張講義など

生体制御学科では、スーパー・サイエンス・ハイスクール(SSH)事業、サイエンス・パートナーシップ・プロジェクト(SPP)および出張講義をはじめ、高等学校との教育連携活動を行っています。活動内容については、下記の実施内容をご覧ください。学科に関するご質問、学科の見学、SSH、SPP、出張講義・実験などに関するお問い合わせは、理学部係(048-858-3345) までご連絡ください。

2012年度

SSH

講義 ウニの発生に関するプログラム
担当教員 末光隆志教授、TA 2名
実施日時 2012年8月28日(火)
実施場所 理学部2号館4階学生実習室
対象 浦和第一女子高校 16名、教諭 2名
実施内容 ムラサキウニの受精と発生実習
講義 血糖調節におけるインスリンの役割-マウスを用いた観察-
担当教員 小林 哲也 教授、TA 4名
実施日時 2012年10月6日(土)
実施場所 理学部2号館4階学生実習室
対象 浦和第一女子高校 16名、教諭 3名
実施内容 糖負荷試験、実験的に誘導した糖尿病マウスに対するインスリン投与の効果、低血糖と活動性、膵臓ランゲルハンス島の観察、結果と考察
講義 血糖調節におけるインスリンの役割-マウスを用いた観察-
担当教員 小林哲也教授、 TA 6名
実施日時 2012年12月15日(土)
実施場所 理学部2号館4階学生実習室
対象 松山高校 36名、教諭 3名
実施内容 糖負荷試験、実験的に誘導した糖尿病マウスに対するインスリン投与の効果、低血糖と活動性、膵臓ランゲルハンス島の観察、結果と考察
講義 遺伝子操作の基礎を学ぶ-大腸菌へのGFP遺伝子の導入と形質転換-
担当教員 田中秀逸教授、 TA 3名
実施日時 2012年12月25日(火)
実施場所 理学部2号館4階学生実習室
対象 熊谷女子高校 15名、教諭 2名
実施内容 大腸菌の形質転換実験
このページのトップへ このページのトップへ
このページのトップへ

出張講義

講義 体内時計を知ろう!
担当教員 足立明人 講師
実施日時 2012年6月22日(金)
実施場所 富士見高校
対象 中学生3名
高校生50名
実施内容

原核生物から人に至るすべての生物は、昼夜の手がかりのない恒常条件下でも約24時間周期の生理現象を示すことが知られています。このリズムのことを概日リズム(サーカディアンリズム)といい、このリズムを発振する体の中の時計を体内時計、もしくは生物時計といいます。概日リズムは様々な生理現象に見られ、哺乳類では行動ー睡眠リズムだけでなく、体温、血圧、心拍数、さらにメラトニンや糖質コルチコイドに代表されるホルモン、代謝、細胞分裂などに確認されています。

この出張講義では概日リズムが発見された経緯から、生物が如何に体内時計を活用しているか、そして如何に体内時計を調節しているかについて話しました。

講義 ホルモンとは何モン? ー生命をあやつる不思議な分子ー
担当教員 小林哲也 教授
実施日時 2012年11月22日(木)
実施場所 前橋市立前橋高校
対象 高校2年生39名
実施内容 オタマジャクシのカエルへの変態、鳥たちの渡りなど、これらの現象にはいずれもホルモンが関与しています。ヒトにおいても、さまざまな生理現象にホルモンが関わっています。講義では、ヒトや動物とホルモンとの関係について身近な例を中心に紹介することで、ホルモンとは何モンかについて考えてみました。
講義 大学(理系学部)で学ぶこと
担当教員 足立明人 准教授
実施日時 2012年12月3日(月)
実施場所 松山女子高校
対象 高校生
実施内容 理系学部にはどのような学部があるか、各学部で学ぶことを紹介すると共に、「理学部で学ぶこと」の例として、体内時計の解明に関する歴史的な経緯を説明し、理学部での研究について紹介する。
講義 大腸菌にGFP遺伝子を組込んで光る大腸菌を作る
担当教員 畠山 晋 講師、TA 2名
実施日時 2012年12月21日(金)、22日(土)
実施場所 大宮光陵高校
対象 高校生 33名
実施内容 アラビノースによって誘導されるGFP遺伝子を含んだプラスミドを大腸菌に導入し、この遺伝子が発現される条件についてGFPの蛍光の観察と講義を通じて学習する。
このページのトップへ このページのトップへ

その他

項目 中高生の科学部活動振興事業 (JST)
講義 甲状腺ホルモンの測定
担当教員 小林哲也 教授、TA 2名
実施日時 2012年8月27日(月)、28日(火)
実施場所 理学部2号館4階学生実習室
対象 松山高校 生物部員9名、教諭
実施内容 メダカの甲状腺ホルモンの産生に対する化学物質の影響を調べるために、メダカからホルモンを抽出し、その後、酵素免疫測定法により甲状腺ホルモン濃度を測定しました。
項目 埼玉県理科教育研究発表会
担当教員 足立明人 准教授、TA 2名
実施日時 2013年2月16日(土)
実施場所 埼玉大学
対象 学生460名、教員90名
実施内容 埼玉県の理科教育研究発表会において、生物系の発表会に参加し、発表に対して質問や感想を述べると共に、発表全体の総括を行った。
このページのトップへ このページのトップへ