埼玉大学 生体制御学科 / 生体制御学コース

お問い合わせENGLISH

生き物紹介

アカパンカビ

Neurospora crassa

(子嚢菌門核菌類タマカビ目ソルダリア科)

 アカパンカビと言うと、食パンに生えるカビを想像してしまいますが、そうではありません。山火事のあとに出現するオレンジ色のカビで、パンを焼く釜にも生えることからその名前がつきました。このカビを用いた重要な研究成果として、高校の生物の教科書でもおなじみの、「一遺伝子一酵素説(ビードルとテータム)」があります。栄養要求株を用いて、多くの物質の代謝経路に関わる遺伝子の上位性を明らかにしたこの発見は、アカパンカビが遺伝学のモデルとして優れていることを示すものであると言えます。他にも時計遺伝子、エピジェネティクス、遺伝子重複など、先進的でユニークな研究が行なわれています。ちなみに、パンに生える赤い(ピンク色)のカビは、フザリウムというカビの一つです。

アカパンカビを用いて、研究しているのは、遺伝学研究室田中 秀逸 教授畠山 晋 准教授です。

アカパンカビ
アカパンカビ

≪一覧へ戻る

このページのトップへ
このページのトップへ